2016年04月03日

庭の花々、紅万作も満開

2016.4.2-10.jpg

家人の好きな紅万作が満開になった。

昨日、ソファーに座り何気なく庭を眺めていると、
古い木桶の寄せ植えに黄色チューリップの蕾が目に留まる。
カメラが傍にあったので一枚撮影しておく。
2016.4.2-14.jpg
今日の昼頃、同じ場所に座るとチューリップが開いている。
同じ場所からカメラを構える。
2016.4.3-1.jpg
上からもアップで撮影してみる。
2016.4.3-2.jpg
庭を見渡すと、あちこちに小さな花々が撮ってくれと呼びかけているようだ。

ムスカリ
2016.4.2-11.jpg
花ニラ
2016.4.3-5.jpg
黄色の水仙
2016.4.3-4.jpg

posted by tontonton at 15:10| 広島 ☁| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

遊歩道の桜並木が美しい

2016.4.2-7.jpg

遊歩道の桜並木の木々はその枝を思う存分伸ばし、ふんわりと遊歩道を覆っている。

今年は昨年より少し早く見ごろとなった。

八分咲きくらいだろうか。
2016.4.2-8.jpg
毎年同じ場所で撮影するので、構図を考えるのにも苦労する。

どこを背景にするか、余分なものを入れないようにするには…。

桜の花が華やかに見える位置も限られている。
2016.4.2-5.jpg
枝ぶりや光線状態など位置を探るが、
2016.4.2-3.jpg
雲が多く陽光が不十分だ。
2016.4.2-2.jpg
今年は望遠レンズを装着し、アップの写真を多く取ってみた。
2016.4.2-4.jpg

posted by tontonton at 15:38| 広島 ☁| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

足下で味わう

クリスマス・ローズや貝母などの釣り鐘形の花に心惹かれる。
ひっそりとある、という風情が好きだ。
自分を強く主張することもない。
他の植物の陰になっても淡々と自分を生きている。
2016.3.21-5.jpg
味わい深い色合いのクリスマス・ローズの勢いがいい。
2016.3.21-4.jpg
下からのアップは必ず逆光になる。
2016.3.21-2.jpg
我が家の白色の花は、年数の割に花数が少ない。
2016.3.21-3.jpg
「雪起こし」の別名はどこからきたのだろう。
2016.3.21-6.jpg
水菜の花も黄色を輝かせている。
2016.3.21-1.jpg
昨日、ディーラで定期点検とタイヤ交換した際、カープ坊やのふりかけを貰った。

posted by tontonton at 16:32| 広島 ☀| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

抱きしめあう貝母

2016.3.20-0.jpg

貝母の花が開き始めた。庭の3〜4か所で咲いている。
庭の倒れかかった数本の貝母を摘み取り花瓶に投げ入れた。
2016.3.20-1.jpg
貝母という花は不思議な花である。
一本の時は真っ直ぐ誰にも寄りかからずに生きているのだが、
これが数本まとめて花瓶に挿そうものなら、
みるみるうちにその巻きひげのような葉っぱが互いに絡み合って、
まつわりあって簡単には離せなくなる。
本当にあっという間だ。
ビデオの高速撮影を見るようである。
2016.3.20-13.jpg
貝母たちは、ぞくぞくするくらい互いを支え合い抱きしめ合い、
もう二度と離れまいとばかりに、複雑に絡み合ってしまう。
2016.3.20-7.jpg
花瓶に挿すと花の裏と表を同時に見ることができる。
表の清楚さに比べ、内側の網模様は見惚れるほど。

紅万作も咲き始めた。
2016.3.20-14.jpg
昨年より少し遅いと思う。花の数も少ないように思える。

posted by tontonton at 16:30| 広島 ☀| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

ダイヤモンドリリーが満開

ダイヤモンドリリーが満開になった。
いつもの年は12月の初旬に花の盛りを迎えるのだが、今年は10日ほど早い。
10日ほど前は五分咲きだったが。

2015.11.20-1.jpg

ダイヤモンドリリーは1本の花茎に3センチ程の大きさの花を15ほどのつける。
鉢植えだが、30本を超える花軸を延ばしているので花の数は500近くある。

2015.11.20-2.jpg

花の少ない晩秋から初冬にかけて魅力的な色を見せてくれる。
今年も楽しませてくれたことに、感謝だ。

posted by tontonton at 16:47| 広島 ☁| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

ダイヤモンドリリーが咲き始める

2015.11.11-1.jpg

ダイヤモンドリリーが咲き始めた。
今年は例年より少し早いように思う。
今は五分咲きくらいだろうか。
毎年、12月初旬に満開になる。
長い間楽しませてくれる。

2015.11.11-2.jpg

小さな花だが近づいてみると形が面白い。

2015.11.11-3.jpg

小さな蜂もやってきた。

posted by tontonton at 16:46| 広島 ☁| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

見事なフラワーアレンジメント

d2015.11.5-1.jpg

昨日、家人は仲の良い友人たちとの集いがあったらしい。
抱えきれないほどのお土産を頂いて夕刻帰ってきた。
その中の一つに見事なフラワーアレンジメントがあった。
直径40pほどの籐籠に溢れんばかりの暖色系を中心とした花々。
あまりに見事なので写真で残すことにした。
頂いた方々への感謝の気持ちを込めてブログに掲載する。

posted by tontonton at 14:49| 広島 ☔| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

小春日和に誘われて

車で通るたびに公園の西洋楓が紅葉の色を深めてゆく姿を眺めていた。
今日は小春日和の陽気に誘われてカメラを持って近くの運動公園に行く。
カメラを持って外に出るのも久しぶりのことだ。
紅葉している木木を眺めながらゆっくり散歩する。
公園では紅葉や黄葉した葉を敷き詰めて迎えてくれる。

2015.11.3-5.jpg

桜は葉のほとんどを落とし、数枚を愛しむかの様に残した赤い葉がとても印象的だ。

2015.11.3-4.jpg

見上げると晩秋の透き通った群青色の空が白い小さな雲を抱いている。

2015.11.3-3.jpg

帰りに見た並木は紅葉する前に剪定されていた。少し残念…。

2015.11.3-1.jpg

ドイツでは小春日和のことを「老婦人の夏」という。晩秋の日溜りに老婦人の姿はなかった。

posted by tontonton at 17:00| 広島 ☀| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

黄金色の宝石と香水をまとって

2015.10.16-2.jpg

この時期は金木犀が花盛りである。
普段は意識することも少ない。
季節が変わると急に個性を顕にする。
花が咲くまでは全く目立たない姿の木。
それが今だけは、とびきりのお洒落をして、
黄金色の宝石と香水をまとっている。
通りかかる人を振り向かせる。
自分らしく華やぐ時だと告げている。

2015.10.16-3.jpg

数十年、共に過ごしてきた金木犀、これからもよろしく。


posted by tontonton at 17:03| 広島 ☀| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

ほうき草の紅葉

2015.10.13-1.jpg

白木農園の仲間から頂いたほうき草が見事に紅葉した。
鉢植えにしているので一鉢を玄関わきに置いた。
すでに実を結びつつある。

2015.10.13-2.jpg

posted by tontonton at 14:16| 広島 ☁| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。