2016年03月27日

農業塾OB会「人豊講座」

3月26日(土)

農業塾OB会の人豊講座に久しぶりに出席した。
家庭菜園を中断して以来、殆ど休んでいたが、
今回は会長のHさんの事例発表もあるので出席すると決めていた。
出席者も33名と多く、夏野菜に対する関心の深さを感じた。

2016.3.26-2.jpg
JA広島市の営農指導員の春夏野菜の品種と作型の講演を聞いていると
夏野菜を作りたい衝動に駆られる。
体力が戻らないので叶わないことが分かっていながらやはり淋しい。

2016.3.26-1.jpg
僅かな休憩をはさんで、Hさんの発表になった。
「とれたて元気市」に出荷される枝豆やほうれん草、ミニトマトに冬野菜の大根、白菜など実に多彩な野菜を栽培している様子をスライドを投影しながら丁寧に話を進められた。
また、店頭に陳列するに当たってはPOPなど数々の工夫を凝らして展示し実績をあげているようにお見受けした。
稲作もご家族皆さんの腹を満たすほどの栽培だとのこと。
天日干しのお米はさぞ美味しいことだろう。
お母様が残された農業に対する心構えをしっかり胸に収め実践されている姿が、何より素晴らしいと感じた。

昨日のように今日が過ごせる、これが一番幸せだと思うが、突然寸断されることもある。
2014年8月20日の豪雨災害で田圃や畑、さらに、ご自宅まで大きな被害に遭われた。
ご家族やご近所の方、ボランティアの方々に支えられて辛抱強く復旧を目指され、励んでいらっしゃる様子をいつもブログで拝見し尊崇の念をもって拝読している。
今日の事例発表を聞いてその思いを一層高くした。

その後、農業塾OB会の役員会が開催された。
今年初めての役員会なので長時間の会議となった。

posted by tontonton at 16:05| 広島 ☁| Comment(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。