2016年03月15日

屈んで見れば春の到来

2016.3.15-2.jpg

今年も貝母が蕾をたくさんつけている。
年々歳々、この時期になると律儀に春を告げてくれる。
アミガサユリの和名の通り、
2016.3.15-12.jpg
釣り鐘状の花の表はアイボリーの地に薄緑の脈を滲ませた品の良さ、
内側に紫の網膜様が入る。
2016.3.15-5.jpg
表地より裏地の模様に凝る趣味人のようだ。
茶花と呼ばれる楚々とした少し寂しげな花である。

クリスマスローズも今が盛りである。
2016.3.15-6.jpg
下からアップで…
2016.3.15-11.jpg
白色のクリスマスローズも
2016.3.15-10.jpg
蕗の薹も、
2016.3.15-9.jpg
さらにヒヤシンス。
2016.3.15-8.jpg
屈んで庭を見るをあちこちに小さな春たちが…。

posted by tontonton at 16:41| 広島 ☀| Comment(0) | 高陽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: