2016年02月26日

二種の蕎麦を楽しめた「そば夕食会」

2月25日(木)そば夕食会
2016.2.25-0.jpg

一年ぶりに為楽庵に行った。
この店主は、思い入れの強い方で、細かな点まで気を配っている。
そば前料理はもちろんのこと、お酒もビールと日本酒しかない。
最近は、焼酎を飲む人が多いのだが、店主が自信を持って提供できるものがないのか、置いていないのだ。

それだけのことはあって、昨夜のそば前料理もすべてに満足のゆくものだった。
途中で店主自ら客の傍らに来て、料理の説明もしてくれる。
なかでも、鴨肉とサーモンが格別に美味しかった。

最後の〆は、二種の蕎麦。
一枚目は「更科」、出汁は胡桃や胡麻の香りも高いこの店独自のもの。
聞けば、更科は一日に10人分しか打たないのとのこと。いまだに難しいのだそうだ。
二枚目は、茨城産の蕎麦粉での二八蕎麦。
角が立って、艶も良い。
出汁をつけなくても十分に美味しい。
本当に美味しい二種類の蕎麦を堪能できた。
デザートは自家製のクマザサのアイスクリーム。これも絶品。

久しぶりにHさんとGさんが出席してくださった。
蕎麦の縁が取り持つ仲間たちとの楽しい「そば夕食会」だった。

posted by tontonton at 17:52| 広島 ☁| Comment(0) | 蕎麦食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: