2016年01月29日

人気の「かき餅つき」

白木農園のイベントの中でも人気の高い「かき餅つき」に参加した。
もち米は数人の方に渡して、前日に洗って24時間水に浸したものを持参してもらう。私も一臼分だけ分担した。
餅つき機はHさんとKさんからお借りした2台で進められる。
セイロをガスにかけてお湯を沸かし、早速もち米を蒸す作業が始まる。

2016.1.29-03.jpg

なにしろ、2斗(30kg)10臼つくのですから時間がかかる。
だが、慣れた方が順序良く進めてくださる。
お餅がつきあがると、特製の型枠に入れて整形する。この整形型枠はHさんのアイデアから生まれたもので、その型枠を安定させる台も工夫されている。つきあがったかき餅は次々とこの型枠に納まり、乾燥させた。

2016.1.29-02.jpg

もう一方では芋煮の準備が始まっている。里芋の皮を剥き、ごぼう、にんじん、コンニャク、牛肉、きのこなどを洗って切ってゆく。ここでも、役割分担など誰も指示もないのだが、自然な流れでスムーズに進んでゆく。
やはり、気持ちが通じ合っている白木農園の会員ならではと感じた。

12時半過ぎにはすべてできあがり、芋煮とつきたてのお餅を頂く。芋煮は大きな鍋2つでたっぷり作ったのでお代わりも自由だ。芋煮はとても美味しく好評でみんなお代わりをしていた。
お餅は、黄粉で頂く。もちろん、白木農園で収穫した大豆を使用し、Oさんが自宅で炒って黄粉にしたものをお持ちくださった。香りも高くとても美味しい黄粉とこれも好評だった。

帰りには、かき餅を一つと丸もちも4個、そして黄粉もお土産だった。
白木農園の仲間と食べるとより一層美味しいくなる。
今年も仲間たちと楽しい時間が過ごせた。

1月28日「そば夕食会」

2016.1.28-1.jpg

昨夜は今年初めての「そば夕食会」だった。
そごう10階の「やぶそば」に10人が集う。
店長が変わると味も変わるのだと知った。
何度もこの店を利用しているが、味が濃くなったのだ。
おまかせ料理で、献立は良かったのだが、この味の濃さは私たちには馴染めないように思う。
せいろ蕎麦もクロレラ入りとかで、少し青みがかっていた。
以前の蕎麦が良いように思えた。

posted by tontonton at 17:24| 広島 ☔| Comment(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。