2016年01月20日

料理教室―旬の大根と白菜を使って

2016.1.20-1.jpg

今年初めての料理教室だった。
今日の献立は「大根と鶏団子の煮物」と「白菜と厚揚げの炒め物」の二品。
白菜と大根は仲間のHさんの畑で収穫したもの。どちらも立派で新鮮だ。

「大根と鶏団子の煮物」は、大根をたっぷりの油で焼いてから煮る、このひと手間で味が染みてとても美味しかった。
寒くなるほどに甘み、みずみずしさを増す大根。
生で、炒めてまた煮てと多彩な調理法も魅力な大根。更にひと手間加えるとさらに味に差がつく。
今日は鶏団子との組み合わせだったが、とても良かった。

「白菜と厚揚げの炒め物」は、白菜の軸の部分と葉の切り方を変え、炒め方も時間差をつけた。
この白菜を一度取り出して、厚揚げをニンニクや赤唐辛子、ごま油などで炒め味付けをする。その後、白菜を入れ戻し桜えびやしょう油を加えて片栗粉でとろみをつけた。

二品ともひと手間を加えることにより、とても美味しく出来上がった。
この仲間たちと今年も料理教室に参加できることが何より嬉しい。


posted by tontonton at 22:50| 広島 ☁| Comment(0) | 料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: