2015年11月03日

小春日和に誘われて

車で通るたびに公園の西洋楓が紅葉の色を深めてゆく姿を眺めていた。
今日は小春日和の陽気に誘われてカメラを持って近くの運動公園に行く。
カメラを持って外に出るのも久しぶりのことだ。
紅葉している木木を眺めながらゆっくり散歩する。
公園では紅葉や黄葉した葉を敷き詰めて迎えてくれる。

2015.11.3-5.jpg

桜は葉のほとんどを落とし、数枚を愛しむかの様に残した赤い葉がとても印象的だ。

2015.11.3-4.jpg

見上げると晩秋の透き通った群青色の空が白い小さな雲を抱いている。

2015.11.3-3.jpg

帰りに見た並木は紅葉する前に剪定されていた。少し残念…。

2015.11.3-1.jpg

ドイツでは小春日和のことを「老婦人の夏」という。晩秋の日溜りに老婦人の姿はなかった。

posted by tontonton at 17:00| 広島 ☀| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。