2015年04月28日

新緑に萌える白木街道

2015.4.28-1.jpg

白木街道の沿線の山山は新緑が美しく萌えている。
水を湛えた水田に美しくその姿を映しこんでいた。
青空だったらもっときれいだったろう。

2015.4.28-2.jpg

向原の道沿いには山吹が咲き誇っていた。

2015.4.28-3-1.jpg

豊栄に着くと友禅欅の新芽が黄金色に輝いている。
季節が進むと少しずつ緑に変わってゆく。

2015.4.28-4.jpg

イングリッシュデイジーも満開に近い。
猪に庭を掘り起こされて少なくなっているのが残念。

posted by tontonton at 21:48| 広島 ☁| Comment(0) | 豊栄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

大勢が集ったそば夕食会

2015.4.23-1.jpg

昨夜の「「そば夕食会」は暫らく振りに大勢が集った。
先月の夕食会が中止になった反動か、横川橋 康次郎に17名。
そば前料理も選りすぐった食材で心を込めて調理してくださる。
これまで何度も利用しているが、満足できるものばかり。
昨夜も突き出しから魅せられた。
大勢だから話も弾む。
2時間余り、楽しい会話の花が咲いた。
〆はもちろん、もり蕎麦。
2015.4.23-2.jpg

posted by tontonton at 22:30| 広島 | Comment(0) | 蕎麦食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

2か月ぶりの料理教室

2015.4.22-2.jpg

先月は体調不良で欠席したため2か月ぶりの料理教室になった。
やはり、この教室の和やかな雰囲気は何ともいえず良い。
まずは、先週土曜日の真亀公民館の「けやきまつり」の報告があった。
全員の力強い応援もあり大成功と言っていい内容だった。

今日の献立は、「アスパラのささ身あんかけ」と「豚肉とたけのこのおかか炒め」の二品。
だが、たけのこが沢山あったため、I先生が「木の芽和え」をもう一品作ってくださった。

私たちの2班は欠席者もあり、3名の陣容で奮戦。
進行に追われて反省点することが多かった。
「豚肉とたけのこのおかか炒め」は下拵えが抜けて、味がボケた。
2015.4.22-1.jpg
せっかく、立派な食材を準備して頂いたのに残念だ。
たけのこは、Hさんが茹でて持ってきて下さった。
SさんのアスパラもOさんのシイタケも見事なものばかり。
鶏肉や豚肉の品質も良質なものだった。

だが、こんな結果でも大勢で頂くと美味しくなる。
来月からは新年度になる。全員一致で継続が決まった。

posted by tontonton at 22:16| 広島 ☀| Comment(0) | 料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

シバザクラのお花見

2015.4.21-1.jpg

豊栄のパソコン同好会の方たちと花見会を開いた。
花は桜ではなくシバザクラである。
この同好会の方が植えられたシバザクラを眺めながら
お弁当を広げようと決まった。
Nさんは4年ほど前から法面にシバザクラを植え始めたそうだ。
花の盛りは少し過ぎたようだが、
水を張った田圃に映るシバザクラはとても美しい。
2015.4.21-2.jpg
昨日までの雨が嘘のように、昼前から晴れ渡った。
高台からシバザクラを眺めながらの弁当はまた格別。
おしゃべりの花も満開になった。

posted by tontonton at 17:38| 広島 ☁| Comment(0) | 豊栄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

野山や畑うるおす穀雨

「菜種梅雨」は3月下旬から4月上旬にかけてだと思っていたが、
まだ雨の日が続いている。
そして、きょうはもう「穀雨」だ。
降り続く雨で、白木農園の里芋定植作業の案内が
2週続けて中止になった。
メールで作業日時を連絡される方も大変である。
自分はここ数年作業に出席できていないが、
お世話くださる方の気苦労だけは良く分かる。

今日の朝刊のコラムに、「種や苗に満ちている命を、
土と陽と雨との共同作業で育てる」そんな言葉を添えて
「穀雨」の歳時記が掲載されていた。
豊栄で猫の額ほどの家庭菜園をやっていた頃を
懐かしく思い返してながら読んでみる。

さらに、そのコラムには次のような紹介もあった。
『月刊誌「現代農業」4月号が「天気を読む 暦を活かす」
という特集を組んでいた。
ケヤキの芽吹きで遅霜を判断したり、山にかかる雲で晴雨を読んだり。
自然の身近な「気象台」は、プロ任せのテレビ、ネット予報に
慣れた身には懐かしくも新鮮だ。
昨今は、テレビの担当者が屋外から寒暖を伝え、
服装指南までしてくれる。「厚手の上着を」「半袖でも大丈夫」。
ありがたいが、頼りすぎて人間の「お天気感覚」が退化しないか心配になる』


猫の額ほどでも耕作をしながらでなければ、
こんな感覚は味わえない。早く戻れることを願っている。

5月初旬の「たけのこ梅雨」の頃にはもう「立夏」。
5月中旬からは「卯の花くたし」。
その後、梅の実の熟す頃、本格的な「梅雨」がやってくる。
日本語には雨にまつわる言葉がたくさんある。
雨で季節の移り変わりを感じてみるのも風情があっていい。

posted by tontonton at 14:44| 広島 🌁| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

真亀公民館まつりの新鮮野菜市

2015.4.18-4.jpg

白木農園のファーマーズキッチン(料理教室)で会場として利用している真亀公民館の「けやきふれあいまつり(公民館まつり)」に、今年も「新鮮野菜市で」参加した。
昨年以上に多くの方々が出品により、陳列テーブルは商品で溢れんばかりに商品が並んだ。
切り花、はちみつ、シイタケ、にんじん、サラダ水菜、春菊、にぶ菜、アスパラ米、高菜、新玉ねぎ、ふき、サラダごぼう、竹の子、ゆず大根(漬物)、干し芋、マーマレードなど20品目約500近くの品々である。
準備をしている途中から多くの来場者があり、販売開始の前から早く売って欲しいと黒山の人だかりだった。
だが、昨年少し早く販売したための反省もあり、今年は公民館から指示されている10時まで待って販売を開始した。販売開始約30分ほどは瞬きする間もないほど忙しさだった。11時過ぎには大半の商品が売れ、あとはのんびりできた。
12時頃には、ごく一部の品を除き殆どの出品物が完売となり、12時半ころには店仕舞いをする。
出品の品数の豊富さでインパクトのある新鮮野菜市になったと思う。会場設営や販売する人たちの熱心さにただ感服するのみ。

posted by tontonton at 23:33| 広島 | Comment(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

コラム「折々のことば」のスクラップ

2015.4.15-1.jpg

朝日新聞の朝刊1面に新しいコラム「折々のことば」の連載が4月1日から始まった。
コラムを執筆する哲学者の鷲田清一さんは、古来の金言からツイッターのつぶやきまで、さまざまなことばを紹介し、ことばからめぐらせた思索をつづるコラムしたいと。
なじみのないことばを何度も見返すうちに、だんだんと、人生や社会は「こういうものだ」という思い込みがほぐれてゆく。そしてある時、ことばの輪郭がくっきりしてきて、世界がずいぶん違って見える瞬間が訪れる。ことばをきっかけに、今までとは違う自分に変わる。いわば「心の引っ越し」にして欲しいと語っている。
毎朝のことばのうち何十回に1回でも、「ああ、そういうことだったのか」と何かに気づくきっかけになるような、出会いがあればいいだろう。中には、1年後か2年後に、ようやっと意味がのみ込めることばもあるかもしれない。

そんな期待を持ちながら毎日このコラムを読んでいる。小さなコラムだが味わい深い言葉にあふれている。
このコラムをスクラップできる「日めくり手帖」が新聞社から発売された。それを毎日切り取ってその手帖に張り込んでいる。1か月で1冊の「日めくり」が完成する。この「日めくり手帖」を東京で大学生活を始めた孫娘に送ってやろうと考えている。今日で半月が過ぎた。
孫娘のために何かできる…、そんなことが毎日の励みになっている。

4月15日の「折々のことば」
2015.4.15-2.jpg



















posted by tontonton at 22:11| 広島 ☀| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

東京土産

娘から東京土産が届いた。
大学生になった孫娘の寮生活の準備などに立ち会うために3月末から1週間ほど東京に行ったその時のお土産。
孫娘の寮はTBSの近くにあり、この土産もTBSの売店で購入したようだ。
「渡る世間は鬼ばかり」蒸しきんつばと中村屋のあられ。中村屋は月餅が有名だが、久しくここのお菓子は食べていない。

孫娘が望んだ東京での学生生活が始まった。
親元を離れてのひとりでの生活に戸惑うことも多かろう。
母親とは毎日LINEでやり取りしていると聞いて安心はしている。
元気で有意義な楽しい学生時代を送って欲しいと願っている。
孫娘を思いながら、今夜はきんつばを頂くことにしよう。

posted by tontonton at 17:20| 広島 ☁| Comment(0) | 孫の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

クマバチの撮影は難しい

早生のブルーベリーの花は今が満開だ。
2015.4.12-0.jpg
つがいだろう二匹のクマバチが花に来て羽音もかまびすしく飛び回る。
2015.4.12-1.jpg
体長は2cmを超え、ずんぐりした体形で、胸部には細く細かい毛が多い。
全身が黒く、黄色の毛がよく目立つ。
体の大きさの割には小さめな翅だ。翅はかすかに黒い。
2015.4.12-2.jpg
2mほど離れてシャッターを切るがなかなか鮮明に取れない。
2015.4.12-3.jpg
だが、記念に何枚かアップしておこう。
飛翔する小さな昆虫を撮影する方法を学びたい。

posted by tontonton at 17:37| 広島 | Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

農業塾OB会の総会・懇親会

2015.4.11-1.jpg

今日は農業塾OB会の総会と懇親会があり出席した。
今年で第17回目を迎えた。通常総会の議事は第3号議案で役員の改選があり、副会長お一人が交代、会計も長年お世話になったYさんが退会されたためSさんが新任の会計になった。役員は白木農園も兼任しており、今年度から一部に新しい方にお世話頂くことになった。
議事をすべて承認した後、講演会に移った。
講演の講師は有田演芸農場の代表・有田隆則さん。演題は「創る楽しみ、育てる喜び」。
農業短期大学を卒業後、40年にわたる苦労談などもお話しいただいた。本社は東広島安芸津町にあり、野菜や花の苗などを中心に手広く経営されている。パートを含めて35名の社員を雇用していることが素晴らしいと思った。
懇親会も12時過ぎから約30名が参加して始まった。約1時間、楽しく語らって解散した。白木農園の新入会員も退会者もあったが、この会が長く続いてくれることを願っている。

posted by tontonton at 19:56| 広島 ☁| Comment(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。