2015年03月31日

一気に満開に

2015.3.31-1.jpg

ほんの二日ほど前まで蕾を多く抱いていた枝枝が一気に満開になった。
暖かい陽気が続いたせいだろう。
思うままに遊歩道に伸ばした薄紅色の枝は、春の薄水色の空に良く似合う。

2015.3.31-2.jpg

枝の先々まで押し合うように咲き誇っている。

午後からは曇りはじめた。明日は雨模様だ。
花散らしの雨にならなければ良いのだが。

posted by tontonton at 16:31| 広島 ☀| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

春色のパレット

今朝の朝刊一面のコラムに次のような一文があった。
「この季節、人は桜ばかりを仰ぎ見がちだが、屈んで見れば、路傍の野草も春到来を告げている。赤みが艶めくホトケノザ、水色がぱちりと開くオオイヌノフグリ、スミレ、タンポポ、シロツメクサ。春の絵の具箱は多彩である。」

我が家の庭も屈んで見れば、春色のパレットは色とりどりだ。
シバザクラも咲き始めている。
2015.3.30-1.jpg
ムスカリ
2015.3.30-11.jpg
クリスマスローズ
2015.3.30-7.jpg
ニラ
2015.3.30-4.jpg
貝母
2015.3.30-3.jpg
ヒヤシンス
2015.3.30-10.jpg

少し目を上げればヤブツバキ
2015.3.30-6.jpg
紅万作は満開に近い
2015.3.30-5.jpg

posted by tontonton at 15:03| 広島 | Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

咲き始めた桜

2015.3.29-1.jpg

開花した花びらは陽の光に白く輝き、
薄紅色の蕾は柔らかく優しい姿だ。

2015.3.29-2.jpg

我が家の近くの桜はようやく3〜4分咲といったところ。

2015.3.29-4.jpg

遊歩道に植えられた桜はその枝を思うままに伸ばし、ふんわりと遊歩道を覆っている。
4月の初めの頃に満開になるだろう。これからが楽しみだ。

posted by tontonton at 13:12| 広島 ☁| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

サプライズ

2015.3.25-2.jpg

昼過ぎチャイムが鳴った。
予感がなかったとは言えない。
玄関を開けると孫娘の笑顔が…。
孫娘が東京の大学に行く前に広島に寄るとは聞いていた。
今日まで連絡は入っていなかった。サプライズだ!!
娘と孫娘が来てくれた。

健康で楽しい学生生活を送ってくれることを願う。
暫らくは会えないのは寂しいが…。

posted by tontonton at 21:45| 広島 ☀| Comment(0) | 孫の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

貝母の花が咲き始めた

きょうは春分。昼と夜を等分に分かつ日である。
そして、春の彼岸の中日。
とても暖かく気持ちの良い日になった。

2015.3.21-2.jpg

庭に出てみると、蕾も硬かった貝母も開花し始めている。
清楚で凛とした佇まいが好きだ。
義母が好んだ花で、貝母が咲く度に思い出す。

2015.3.21-3.jpg

俯いているので下から撮ってみる。模様が面白い。

2015.3.21-1.jpg

去年は一輪のみだったヒヤシンスが3つも花を咲かせている。
小さな来年の楽しみ。

posted by tontonton at 15:59| 広島 ☀| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

陽気に誘われて

陽気に誘われて午後から庭に出てみる。
あちこちで春を見つけた。
クリスマスローズや藪椿が花を、貝母もたくさんの蕾をつけている。


2015.3.16-2.jpg

2015.3.16-4.jpg

2015.3.16-3.jpg

マクロレンズを装着して色々な角度から撮影する。
真下に向いて咲いている藪椿にはカメラを空に向けて。

2015.3.16-8.jpg

蕾をアップして。

2015.3.16-9.jpg

雄しべに迫って。

2015.3.16-10.jpg

クリスマスローズにも接近。

2015.3.16-7.jpg

肥料不足か、白色のクリスマスローズは花が少ない。

2015.3.16-6.jpg

貝母の蕾にも大接近。

2015.3.16-12.jpg

コルチカムも芽を出していた。

2015.3.16-11.jpg

posted by tontonton at 15:38| 広島 ☀| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

人豊講座に出席して

昨日は久しぶりに人豊講座に出席した。
家庭菜園を中断して数年経過するが、その時以来人豊講座を欠席していた。
きのうの講座は、白木農園の会員であり、八木農事研究会代表でもあるSさんの「いきいきレポート」で始まった。
Sさんの講演内容は、端境期の年末から早春に出荷できる「冬どりタマネギ」の取り組みについての報告であった。甘さとシャキシャキ感がありサラダにも適している「冬どりタマネギ」は 地域の特産品として市場でも認知され、マスコミでも度々取り上げられている。
今年は20名の方々と2万粒を播種をし、多くの方に愛される特産品にしたいと意気込みを語っていた。地域の中でたくさんの仲間と取り組む輪を広げたいとの心意気に頼もしさを感じた。
今年の秋には「とれたて元気市」に行って購入し味わい、その美味しさをネットなどでPRして少しでも応援できる様に心掛けたい。

後半はJA広島市の指導員のIさんによる、適地適作と販売方針と作型の決定などの出荷農家の方々へのヒントになる有益な講演があった。また、農薬の基準が変更になり、その注意点が分かり易く説明された。
人豊講座には約40名が出席していた。

12時に人豊講座が終了し、そこから農業塾OB会の役員会が始まった。通常総会の最終日程と議題や内容についての打ち合わせをする。来季は役員の改変時期になるが、会長はHさんが引き続き引き受けて下さり、副会長の1名と会計の人事に変更があった。記念講演や視察研修旅行についても講演者や旅行の候補地が決定した。

posted by tontonton at 16:27| 広島 ☁| Comment(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

東日本大震災から4年の今日、心に刻む

東日本大震災から今日で4年。今も約23万人の人たちが避難生活を送り、原発事故は出口すら見えていない。そんな中でも被災地の人たちは前に歩み、未来に向かって支え合っている。
今日の朝日新聞の1面に掲載された東北復興取材センター長の坪井ゆづるさんの「4年 見えてきた現実」記事に心が乱される。

坪井さんは、動きだしたまちづくりで悩ましい三つの事例を挙げている。

一つは宮城県岩沼市。この春、約400世帯、ざっと千人の街ができる。津波に流された六つの集落が集まる。最も早い大規模集団移転で、復興の成功例といわれる。
悩ましいのは高齢化だ。65歳以上が3分の1で、高齢化率は市内平均より10ポイントは高い。被災地にはほかにも、高齢者が過半数を占める町営の復興住宅など、次々にシルバータウンが生まれている。

二つめは岩手県陸前高田市。全長3キロのベルトコンベヤーが、「奇跡の一本松」の近くの更地と道路をまたいで土砂を運ぶ。約300ヘクタール、甲子園球場ほぼ80個分の土地区画整理事業が進む。阪神大震災での同事業(20カ所)の総面積をここだけで上回る。総工費は1200億円。
悩ましいのは人口流出だ。市街地を高さ約10メートルにかさ上げするが、人口は4年で2割近く減り2万人ほど。工事はあと4年は続く。盛り土したのに歯抜け再建になりかねない。そもそも区画整理は急激な人口減を想定していない。過疎に対応した、まちづくりの新制度が求められている。

三つめは常磐自動車道。1日に全線開通した。福島県内の原発事故による帰還困難区域を貫く。安倍晋三首相は10日の記者会見で、「復興の起爆剤」と位置づけた。
悩ましいのは原発事故処理の難しさだ。高速道の下は無人の街。JR双葉駅の時計は震災の時刻を指したまま。渡線橋は腐食して傾く。高速道とは残酷なほどに対照的だ。

坪井さんは、3カ所の現場について高齢社会、過疎地のまちづくり、原発問題への対応策を問いかけている。これらは多くの自治体が直面している課題だ。だから復興には、この国の将来を見すえた施策が期待された。だが、見えてきた現実からは、それが十分だったとは言い難いと述べている。

先日読んだ元総務大臣・増田寛也さんの「地方消滅」では「人口急減社会」への警鐘を鳴らしている。あらゆる政策は将来人口の行く末によって左右されることをしっかり把握しておかなければ、人口急減が地域ごと消滅すると書いていた。それもそんなに遠くない未来だ。
だが、三つの事例でもこの問題は全くと言っていいほど考慮されていない。
甲子園球場ほぼ80個分の土地区画整理事業が進む陸前高田市。流出し4年で2割近く減った人口は、完成するまでの4年後にはもっと少ない人たちしか残らないだろう。その結果、広大な空き地が取り残される。この維持費とメンテナンスにも多額の費用が必要だ。
高齢化率の問題もまた然り。高齢者が多いという事は介護問題が付いてまわる。そのことを考慮に入れず、復興住宅を建設すれば、艱難辛苦を抱え込むことは火を見るよりも明らかである。
だが、一旦決定した事業を見直すだけの柔軟な頭を持った官僚は少ない。そのつけは岩沼市や陸前高田市が背負わされる結果になる。

坪井さんは下記の言葉で結んでいる。

どうすればよいのだろう。広域かつ多様な現場に、共通の正解などない。ただ、省庁縦割りの事業より、もっと自治体に権限も財源も渡し、柔軟な発想と手法で挑んだ方がいいのは確かだ。その先に、もっと住民が主役だと実感できる復興がある。
まだ間に合う。復興はこれからが本番なのだから。

震災から4年目の今日、復興に取り組む方々の気持ちに寄り添いながら、私たちも他人事とは考えずしっかり記憶に留めておかなければならない。

posted by tontonton at 14:22| 広島 ☁| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

豊栄の庭は一面の銀世界

テレビの画面では各地のひな祭りが紹介されている。
きょうはその3月3日のひな祭り、だが、3月に入っても寒い日が続いている。
広島を出たときは曇りだったが、途中から雨が降り始めた。
豊栄に着いた頃にはかなり強く降っていた。
昼食の弁当を開くころには雪に変わった。

2015.3.3-1.jpg

その雪も見る間に一面を白一色に変えていた。
外気温は1度。寒いはずだ。
春の暖かさが早く訪れることを願っている。

posted by tontonton at 22:09| 広島 ☔| Comment(0) | 豊栄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

地産地消で味噌作り

毎年の白木農園恒例のイベントである味噌作り教室に参加した。
参加者は28組、ご夫婦で参加された方もあった。
午前8時半に集合し、準備に取り掛かる。
テキストや圧力鍋、ステンレスのボールまですべての道具、
塩入合せ麹などJA広島市の方が用意してくださった。
麹は広島市産の米と国内産の麦でできている。
大豆はもちろん白木農園で栽培したものである。
「地産地消」の味噌作りである。

2015.3.2.-10.jpg



















各自、500gの大豆を2月28日に洗い48時間水に浸けて持参した。
9時過ぎから4班に分かれて進めた。
お昼前には参加者すべての味噌ができあがった。

2015.3.2.-5.jpg2015.3.2.-9.jpg








できあがった味噌は約4s。お盆過ぎには食べられる。
この味噌は本当に美味しい。
白木農園の仲間たちと一緒に作る楽しさも加味されるのだろう。
今年も手前味噌ができあがった。

posted by tontonton at 16:47| 広島 ☁| Comment(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。