2015年01月30日

恒例の寒餅つき

2015.1.30-14.jpg

白木農園の人気イベントの一つ「かき餅つき」が27名の参加者で開催された。
もち米は数名が前日に洗って24時間水に浸したものを持参。
餅つき機はHさんとKさんからお借りし、2台で進めた。
公民館に到着するとセイロで早速もち米を蒸し始めていた。
なにしろ、2斗(30kg)10臼つくのだから時間もかかる。
毎年のことなので、慣れた方々が順序良く進めてくださる。
お餅がつきあがると、特製の型枠に入れて整形する。この整形型枠はHさんのアイデアから生まれたものだ。その型枠を安定させる台も工夫されている。つきあがったかき餅は次々とこの型枠に納まり、乾燥させてゆく。8本の型枠にすべてのかき餅が納まったのは11時過ぎ。

もう一つのコーナーでは芋煮の準備が進行する。里芋の皮を剥き、ごぼう、にんじん、コンニャク、厚揚げ、牛肉、きのこなどを洗って切ってゆく。役割分担など誰も支持していないのだが、自然な流れでスムーズに進む。気持ちが通じ合っている白木農園の会員ならではのことだ。頼もしく思う。

11時半過ぎにはすべてできあがり、参加者全員で芋煮とつきたてのお餅を頂いた。
大根おろしと黄粉を添えて食べる。黄粉は白木農園で収穫した大豆をOさんが自宅で炒って黄粉にしたものをお持ちくださった。香りも高くとても美味しい黄粉と好評だった。

2015.1.30-11.jpg

帰りには、かき餅を一つと丸もちも3個、そして黄粉もお土産となった。
賑やかで和気あいあいと活気に満ちたイベントだった。

1月29日(木)そば夕食会

2015.1.29-2.jpg昨夜はそば夕食会。11名が為楽庵に集った。
そば料理の後、更科ともり蕎麦の2種類を味わう。
更科は胡桃入りの出汁だった。これも美味しい。
コート、帽子と手袋などの忘れ物があった。
どなたの物かが判明して手配する。

posted by tontonton at 20:43| 広島 ☁| Comment(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

大槌復興米のご飯

ほんとうに久しぶり、今年初めて「ささき亭」に寄った。
今日は客がとても多かった。

2015.1.27-3.jpg

おまかせランチの献立は、
とり肉のあぶり味噌焼き、さつま芋のきんぴら、キャベツの甘酢ナムルサラダ、塩麹スープ、香の物。
いつもの縄文ご飯ではなく岩手県産大槌復興米を使った白いご飯。
東北震災の復興への協力だ。ランチを食べることで僅かに協力。
どれもが美味しくできている。
珈琲を飲んで豊栄に向かった。

posted by tontonton at 21:29| 広島 ☁| Comment(0) | 豊栄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

PC同好会の新年会

昨夜は白木農園PC同好会の新年会が中心街にあるメルパルク広島の和ダイニング「ASTORAL」開催された。
このPC同好会は今年で11年目になり、お互いの気心を知り尽くした仲間の集まりである。

最近では白木農園の報告であったり、雑談などがその時間の多くを占めている。時に忘れてしまった操作について質問が出され、それを思い出すのを楽しくやっている。だが、それで良いのだと思っている。
紛失物のこともあり少し重く感じられる空気で始まったのだが、まもなくバス会社から「見つかった」の連絡を受けて雰囲気が一気に変わった。皆さん我がことのように喜び、歓喜の拍手が沸き起こった。「良かった!」「良かった!」の声と気持ちが広がった。

懐石料理が次々と運ばれてくる。飲み放題2時間の制限はあったが満足のゆく時間が過ごせた。
昨夜の会ではパソコンの話題は殆ど出ず、前の日の料理教室のことだったり、苗床の作り方や野菜の育て方、白木農園の小麦粉を使ってのパンの焼き方など、豊富な話題で盛り上がった。
日頃は寡黙な人も饒舌になり、話題によってその中心になり、中心が次々と移動してゆく。話題の中心になった方の目は輝き、生き生きとした言葉が飛び交う。実に楽しいひと時であった。

posted by tontonton at 16:55| 広島 ☁| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

今年初めての料理教室

今年初めての料理教室だったので、久しぶりにお会いする人たちも多くいた。元気で集えることが何より良い。
今日のの献立は、「鶏肉とごぼうのピリ辛トマト煮」と「ひじきと根菜の煮物」の二品。私たちが2班当番の班だったので、食材の調達などをした。

2015.1.21-0.jpg

「鶏肉とごぼうのピリ辛トマト煮」の食材は、鶏もも肉、ごぼう、玉ねぎ、トマト水煮缶(カット)、にんにく、赤トウガラシ、細ネギ。
「ひじきと根菜の煮物」は、芽ひじき、にんじん、ごぼう、れんこん、さやいんげん、油揚げ。
鶏もも肉、にんにく、赤トウガラシはKさんが担当してくださったが、その他の食材は昨日近くのスーパーに買いに行った。両方の料理にごぼうを使うので事務局からは10本の指示が出されていた。また、トマト水煮缶も6缶など指示された食材を購入すると大荷物になった。
買い物するにあたって県内産や国内産に拘ったが、芽ひじきだけは中国産しかなかった。
忘れていた、人参は会員のTさんが栽培された見事な金時人参を持ってきてくださった。
不足するよりは多めの方が良いと思い調達したが、少し多すぎたのかもしれない。ひとり当たりの盛り付けがたっぷりあった。

二品とも美味しくできあがった。ちょうど12時ころに班長の「いただきます」の掛け声で食べ始めた。
2月の料理教室では「豆腐作り」をして、その豆腐を使って料理することになった。月末の30日には「かき餅つき」があり、3月には「味噌作り教室」ある。白木農園の楽しい集いが目白押しである。

2015.1.21-3.jpg

担当班と講師のI先生との記念撮影。

posted by tontonton at 20:35| 広島 ☔| Comment(0) | 料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

久しぶりの書店

久しぶりに書店に行った。書棚を見て歩くのも楽しみの一つである。
購入する書籍は文芸書が多く、他の書棚を見ることは稀である。だが、今年は戦後70年、過日「昭和天皇実録」も発表されたことでもあり、昭和を振り返ってみたいと半藤一利さんの「昭和史」を探した。ハードカバーはあったが、文庫本が見当たらない。書店員に探してもらった。「昭和史−戦後編」はあったが「昭和史」は在庫がなく取り寄せの注文にした。
「昭和史」のハードカバーは歴史書の書棚たが、「昭和史−戦後編」は教養新書の棚にあった。「教養」この言葉、いつから使われなくなったのだろう、久しぶりに見たような気がする。

ゆっくり時間をかけて書棚を見てまわったのも久しぶりのことだ。昨日、芥川賞と直木賞の発表があったがその特設コーナーがないのには少し驚いた。大型の書店がこの対応だから書籍の販売が伸びないわけである。
2013年の出版物の販売額は1兆6000億円。最大だった89年の2兆7000億円に比べると1兆円以上少なくなっている。読書好きの者から見ると何とも寂しい。
それにしても雑誌が多い。雑誌は「私たちの生活に必要なさまざまなことの入ロを見せてくれる装置」だと思うのだが、出版物の販売額の約半分を占めるという事も世相なのだろう。2500種類くらいあるという。
だが、まだ電子書籍よりも「紙」の雑誌を手に取ることの方がまだ良いと思う。雑誌は、寄り道ができる情報であり、ムダが詰まっているようにも見えるけれど、電子書籍と違ってそのムダが実はあとで効く様な気がする。
平積みの書籍が随分多い。平積みが多いという事は、それだけ書籍の種類が少なくなっているということの裏返しだ。表紙全体を見せないと売れなくなったのだろうが、書棚の背表紙から目当ての本を探した記憶は遠い昔のように思えてくる。
小さな町の本屋さんが消えて久しい。大型書店もネットショップなどに押されて苦労しているのだろう。「本屋さんで本を買おうよ!!」大きな声でそう叫びたい気持ちで書店を後にした。

閑話休題
以前はアマゾンでの購入もしていたが、本社がアメリカだという事で消費税は納付していないから、購入しないことにした。購入者からはちゃっかり消費税を取っているわけだが…。国会でも問題になったようだが、真面な政府の答弁はないようだ。電子書籍などでも圧倒的に多くを販売をしているアマゾンをこのまま無防備に放置することは国内の業者に不利に働くものになる。

posted by tontonton at 22:03| 広島 ☁| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

メジロがやってきました

2時半ころヒヨドリの写真で投稿した。
時々下を見ていると4時ころにメジロがやってきた。

2015.1.12-5.jpg

スズメも一緒にきた。

2015.1.12-4.jpg

数枚の写真を撮った。

2015.1.12-6.jpg

メジロの写真が投稿できて嬉しい。

posted by tontonton at 17:00| 広島 ☀| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メジロを待ちながら

メジロを見かける様になったので、蜜柑を輪切りにして剪定した紫陽花の枝に刺し、その姿を撮ることにした。
この蜜柑は先日のパソコン教室でKさんから頂いた小豆島産である。小粒で少し器量の良くない物もあるが、甘くて美味しい。たくさん頂いた中から小さく硬いものを利用した。
だが、来たのはヒヨドリ。

2015.1.12-1.jpg

2015.1.12-2.jpg

メジロも来たが、ヒヨドリに追い払われてしまう。

2015.1.12-3.jpg

ヒヨドリが警戒しながらも我が物顔に啄んでいる。
メジロが来た時の練習にと2階の自分の部屋から数枚撮影してみた。
カメラも三脚にセットして、あとはメジロが来るのを待つばかり。

posted by tontonton at 14:36| 広島 ☀| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

娘たちの新居で過ごす元旦

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大晦日

大晦日から元日にかけて娘たちの家で過ごした。
昨年末に新築した娘の家の披露も兼ねて正月は家族がこの家に集った。
家の中を見てまわる。自由設計だけあって娘の思いがそこかしこに見て取れた。ちょっぴり贅沢な部分も。
婿殿のお気に入りはバイク専用ガレージ。コーナーのデッキにはソファーも置いてある。バイクを眺めながら考え事をするのは至福のひと時になるだろう。湯船に浸かりながらテレビを見ることが出来るのには驚いた。

2015.1.1-20.jpg

家族そろっての夕食

6時頃から食事の用意が始まる。生きた伊勢海老の調理から始まる。婿殿が包丁を握るが、3匹の伊勢海老が飛び跳ねて奇声が上がる。一匹を生き作りに、見事な腕前だ。残りの二匹は塩茹でにした。
伊勢海老と刺身の後はすき焼きになる。牛肉をすき焼き鍋に2枚ずつ入れ焼いていく。すき焼きのたれをかけて、卵を溶いた器に移す。これ一枚でお腹が一杯になるくらいのボリュームだ。柔らかくてとても美味しい肉だった。全員に一枚ずつの肉が行き渡ったところで、野菜やキノコ等を入れて本来のすき焼きになる。家人が用意して持参した赤飯も好評だった。
紅白歌合戦を見ながら11時ころから年越しそばの準備。師匠のOさんが気持ちを込めて打ってくださった手打ち蕎麦である。湯がくのは私の役割。腹いっぱい食べたつもりが蕎麦は別腹でみんな満足。

2015.1.1-21.jpg

元旦

元旦は雑煮とおせち重、筑前煮、黒豆、数の子、さらにはおでんまで食卓に載せ切らないほど料理が並ぶ。新年の挨拶と共に全員で頂いた。雑談を交えながら長い時間をかけて食べていた。
今年も家族全員元気に正月を迎えることが出来た。この事が何より嬉しい。

2015.1.1-23.jpg

インターネットの接続障害

昨日、ブログを投稿しようとしたが、インターネットに接続しない。auに電話い入れ指示通りの操作をするが駄目である。夕方来て機械を交換することになったが、降雪で道路状況が悪く来られないことになった。そして、先ほど漸くONVを交換して接続できるようになった。

posted by tontonton at 11:44| 広島 ☁| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする