2014年12月29日

読書のこと

今年もたくさん読書の時間が持てた。
今年一年間に読んだ書籍は157冊で、昨年より僅かに多くなっている。ここ数年での変化は図書館を利用することが増えたことだ。図書館で借りた書籍は87冊で、全体の55%以上になっている。

書棚から本が溢れそう、蔵書はできるだけ増やしたくない。読みたい時期を少し我慢し、図書館で借りれば本が増えないし節約にもなる。
また、最近購入した本の大部分は息子夫婦に渡っている。嫁が読書が好きなので、小説などをまわせば喜んでくれる。娘とも時折本の回し読みをする。以前は読んだ本はアマゾンで販売もしたが、最近では家族で楽しむことにしている。

今年読んだ本の中で印象深かったものを5冊あげるとすれば…。
「海賊と呼ばれた男」(上、下)百田尚樹
「播磨灘物語」(1〜4巻)司馬遼太郎
「静かな木」藤沢周平
「破門」黒川博行
「あなたへ」森沢明夫、になるだろうか。

「晴耕雨読」の「耕」が出来なくなって久しいが「読」は充実している。最近では「晴読雨読」になっている。このことが少し残念でもある。
だが、読書の時間は至福のときである。この事に感謝しながら、来年も多くの良書に出会えることを楽しみにしたい。

posted by tontonton at 16:51| 広島 ☀| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

旧暦カレンダー

2014.12.27-1.jpg

今年も旧暦の暦が届いた。
2015年のお天気の予測では、遅れて明けて平穏の暮れ(遅明穏暮=ちめいおんぼ)となっている。
さらに、来年度の予測については下記の様に記されている。
「2014年は、19世紀以来、一度しか体験できなかった閏9月が入る珍しい年でした。19年前、閏8月の入った1995年には、阪神淡路大震災がありました。当時の予測では「天災地変の多い年。災害に要注意!」でした。まさに2014年の季節変化は1995年とよく似ており、大雨の土砂被害や御嶽山大噴火等、思いもかけない天候不順による被害に見舞われました。
2015年は平年で、1996年と同様なシーズンインとなり、その予測では、「今年も天災地変に要注意!春は余寒が厳しい。夏は到来が遅く平均的な夏さ。秋は残暑少なく爽やかな秋、風水害に注意。冬は寒さの到来も早い」となっている。」

昨今の天候不順を踏まえ、「備えあれば憂いなし」。日本古来の、謙虚に自然と向き合って暮らす「旧暦の知恵」を見直し、緊急時の備えと共に花鳥風月を生活に取り入れながら、心豊かな暮らしを再認識しながら穏やかに過ごしたい。

posted by tontonton at 14:31| 広島 ☁| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

熱々のハンバーグランチ

テレビ番組で私の住む高陽町の紹介が放送された。
人気の食事処もいくつか紹介されたが、その中に「洋食堂 ピノキオ」があった。

2014.12.23-2.jpg

今日は家人と一緒にその店で昼食を摂った。
注文したのは「ハンバーグランチ」。
小さな鉄製のフライパンに熱々のジューシーなハンバーグ。
自家製デミグラスソースをたっぷり掛けてある。
ボリュームもたっぷり。

2014.12.23-4.jpg

野菜サラダと食後の珈琲がついて1,150円。美味しくて安い。
今日は祭日という事もあって家族連れが多く来ていた。
店内はカントリー風の造りで落ち着ける感じの良い店だ。

posted by tontonton at 15:40| 広島 ☁| Comment(0) | 高陽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

年賀状のこと

年賀状の制作に取りかかった。
以前、年賀状は書くといったが、近年はパソコンで作るので制作だ。
パソコンで作り始めて十数年になる。
パソコンの前は木版画やプリントごっこで作成していた。
手書きの賀状は、さらにその前である。

年賀状を出す人が減ったようだ。
昨年の年賀状の販売枚数は、約32億枚だったそうだが、今年はもっと減ることになるだろう。
調べてみると一番たくさん売れたのは2003年の44億6千万枚。
メールやLINE、SNSなどで賀詞は伝わる。しかも無料だ。

だが、年賀状はやはり葉書や手紙が良い。
賀状を手にしてその方のことを思い浮かべながら見る。
年に一度、賀状でないと会えない人もいる。

パソコンが主流となっている現在でも手書きでくださる方がいる。
これには頭が下がる。印刷された賀状が多い中で良く目立つ。
手書きの時代を懐かしく思う。
賀状の左上の添え書きだけは大切にしている。

posted by tontonton at 17:33| 広島 ☔| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

一日ちがいの幸運、一面の雪景色を見ながら…

昨日は豊栄のパソコン教室ゆたかの方々との忘年会だった。
11時に集合し、マイクロバスで迎えに来て頂き会場に向かった。
数名の方を途中で拾い、40分ほどで西條プラザの料亭「白竜湖」に到着。
12時には参加者16名全員が揃った。
自分も含めて高齢世代だが、皆さんお元気で表情も明るい。
温まるようにと「鍋コース」になっていた。
つきだし、刺身、天ぷら、寄せ鍋で食べきれないほどのボリューム。
賑やかに楽しく会話が進んでゆく。

2014.12.16-1.jpg

このグループの最高齢者は85歳である。
この方と出会ってもう13年になる。
パソコンも初めての経験、ローマ字も分からない。
「できるでしょうか?」と相談を受け、「大丈夫です」と答えた。
ローマ字を覚えるところから始まった。
今ではローマ字入力でご自分の周りで必要とするものはいろいろのアプリで作成できるまでになっている。

ひと月に一度の集まりになっているが、皆さん欠かさず出席してくださる。
これからも続けて欲しいとの要望で、体力の続く限り継続したいと思っている。

たっぷり食べて、しっかり飲んで、満足ゆくまで歓談できた。
〆の後に全員揃って記念撮影をした。また、一枚の思い出の頁が残せた。

2014.12.16-2.jpg

3時過ぎには集合地に戻って解散した。
それから、広島市内に向かう頃には雨が降り始め、途中から雪に変わり始めた。
今朝起きてみると一面の雪化粧。
午後になってもさらに雪が降り続き、近年にない積雪になりそうだ。

2014.12.16-5.jpg

ゆたかの忘年会は昨日で良かった、と思いながら雪空を眺めなている。
今日だったら出来なかったろう。
豊栄は20センチ以上の積雪だろう。
一日違いの幸運だ。

posted by tontonton at 14:56| 広島 ☁| Comment(0) | 豊栄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

白木農園の忘年会

全員での記念撮影から白木農園の忘年会は始まった。

2014.12.13-1.jpg

だが、定刻を過ぎても3名の方が到着せず、揃っての撮影にはならなかった。
会場は昨年に続いて中心街のメルパルクホール、開始時間は12時だった。
会長の挨拶、来賓の挨拶と続いて、アンサンブルグレースの演奏に入った。
ポピュラーなクラシックなどを中心に3強演奏して、乾杯になった。

2014.12.13-4.jpg

歓談の後、アンサンブルグレースの皆さんが戻ってきて、合唱の時間になる。

2014.12.13-14.jpg

2014.12.13-15.jpg

初めに出席者を代表して独唱を聞かせて頂いた。
歌は「上を向いて歩こう」、声量のある素晴らしい歌声だ。
続いて、司会者のMさんが指定した曲をテーブルにの歌う。
私たちの班は、「瀬戸の花嫁」、小柳ルミ子さんの曲だ。
我が班には強い味方がいた。
5つのテーブルがすべて歌い終わる。
続いて感謝状。Hさんの奥様とKさんの奥様。
このお二方は農園の作業をお持ち帰りなり、
自宅で奥様と大変な作業をお手伝い頂いた。

最後はビンゴゲーム。
司会者はMさんからSさんに引き継がれ、楽しく賑やかに進んだ。

2014.12.13-13.jpg

十数名の方にラッキーな賞品が贈られた。
終わって、1階の喫茶室で珈琲を飲みながら雑談した後解散した。
楽しい一日を過ごせたことに感謝したい。
会場の手配から、企画、進行、司会まで務めて下さったMさんご苦労様でした。
ありがとうございました。

posted by tontonton at 22:57| Comment(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

反省の多い蕎麦打ち教室

昨日は白木農園のそば打ち体験教室だった。
この教室の進行係りを受けていたのだが、洩れもあった。
そば粉を配分する小さなビニール袋を手配することを忘れていた。
幸いスーパーが近くにあるので買に走って頂いた。
そんな事もあり、開始の時間が30分以上遅れた。
借りている時間のうちに終了できるが私の心配が皆さんに伝わってしまったように思える。

2014.12.10-6.jpg

まず、NaさんとKuさんに蕎麦打ちの実演をして頂く。
お渡ししているテキストを見ながら熱心に聞いてくださった。

2014.12.10-2.jpg

それから、班毎に分かれて実際に打つ。
水まわしの時間が長いと気になっていたが、それが仕上がりに影響していた。
茹でる時間を40秒にしてもらったが、もう少し長めが良かったように思いここでも反省。
私が食べた蕎麦は少し硬く、啜るという感触がなかった。
喉ごしもあまり良くないように思えた。
他の班の蕎麦がどうなっていたか気になるところだった。

2014.12.10-5.jpg

Uさんが山芋をご持参くださり、それを擂ってポン酢をかけて頂いた。
これは美味しかった。
蕎麦の薬味としてKuさんが辛味大根を持って生きて下さった。
ねぎはKoさんが自宅で刻んでお持ちくださった。
皆さんの気持ちの良い協力で美味しく食べることができた。

2014.12.10-10.jpg

蕎麦を食べ終わって、蕎麦がき作りをする。
iPadに録画しておいた動画を再生して作り方を指導した。
班別に分かれて蕎麦がきを作る。
5〜6分でできあがる。
昨年とは違った作り方だったが、上手くできた。味も好評だった。
各班を回り指導していたので、蕎麦がきの写真を撮ることを忘れていた。
何とか時間内に終了できた。

posted by tontonton at 22:59| Comment(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

冬の陽に輝くダイヤモンドリリー

昼餉を摂って珈琲を飲みながら庭を見ると
ダイヤモンドリリーが陽に輝いて綺麗だ。

2014.12.6-2.jpg

雲の多い空だったので急いでカメラを持ち出す。
雲間から太陽が顔を覗かすのはわずかな間である。

2014.12.6-1.jpg

満開を少し過ぎた頃だが、十分美しい。
長い間花を楽しませてくれる。

白木農園の今日の作業予定は雪で延期された。
県北は随分たくさんの積雪だと報じている。
この季節の天候はめまぐるしく変わる。
早めに冬用タイヤに交換しておいて良かった。

posted by tontonton at 13:56| Comment(0) | カメラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

冬将軍の到来

発進する前に外気温のメーターを見ると6度だった。
冷たい風が吹く中を豊栄に向かう。
両側の山山の木木は葉を落とし寒寒とした灰色だ。
白木町を抜け向原に入ると、小雪が舞い始めた。
外気温は4度。豊栄に着くと2度を示している。

帰りは4時前だったが、この頃には横殴りの雪がボンボン降り始めた。
遠くの山は白く霞んで見えない。草むらはうっすら雪化粧だ。
外気温は0度を示している。
このまま降り続けば、豊栄は今夜は積もるかもしれない。

向原まで戻ると、雪の舞い方が違ってきた。
白木町に入ると、真正面から沈む夕日が眩しいほど。
薄墨色と茜色の雲が西の空に美しく輝いている。

広島は北と南でこんなにも気候が違う。
ディーラーに連絡し、明日冬用タイヤを装着してもらうことにした。

posted by tontonton at 23:06| Comment(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする