2012年05月30日

料理教室も4年目に突入

料理教室2012.5.30-1.jpg
白木農園の栽培仲間の集いの中に新たに加わった料理教室も今回で4年目に入った。
今日から2名の新しい会員が仲間に加わった。その中の一人が、昨日のご自分のブログでその気持ちを次のように綴っていた。

それにしても,
「残り物を持ち帰ったら,評判が良かった」
との話は耳にするが,
「レシピ通り作ったら家族から好評を博した」
という話はついぞ聞いたことがない。

要は,『万一に備えて』,ではなく,
『自分の方が早く逝くから,ポーズは作るが料理は作らない』
連中ばかりと見える。
今回誘われて入会することとなった。
みなさんと同じこと,
“女もすなるという料理を 男もしてみんとて”
ということで,仲間に入れて貰うことにしたわけだ。


なん〜だ!とっくに見透かされていたのか、「ポーズは作るが料理は作らない」…、上手いことを言うなと感心しながら、それを分かった上で、仲間に入ってもらったことは嬉しい限りだ、そんな気持ちで今日の教室に臨んだ。

料理教室2012.5.30-2.jpgだが、料理を作っているときの仲間たちの表情は真剣そのものだ。いつまで経っても一年生という事なのかもしれないが、作る楽しさは十分味わっている。
今日の献立は、「春キャベツのねぎしょうゆ」と「豚肉とたけのこのおかか炒め」の二品。春キャベツのねぎしょうゆにのせた半熟卵の作り方は、いろいろな料理に使えると思った。
キャベツを茹でた湯をかき回して渦を作り、その中に割った卵を入れる。白味が固まり始めたら網のお玉でそっとすくい半熟になるのを待つ。全員その作り方に挑戦した。
たけのこは茹でたものを用意してもらったが、茹で方と保存方法についての詳しい説明も聞いた。
二品とも美味しく出来上がっていたが、私にとっては少し多めの量だった。だが、残さず頂いた。ご馳走さまでした。

さて、紀貫之の心境で参加したKさんの思いは…、「小島と広島と私たち」のブログをご覧あれ。
posted by tontonton at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

義弟の写真展

写真展-1.jpg
安佐南区相田にある喫茶 古潭(こたん)で催されている義弟の写真展に妻と出かけた。この喫茶店で開催されるのは今回で2回目である。それほど大きくない喫茶店だが落ち着きがあり、造りも凝っている。
この喫茶の女性店主は陶芸家でもある。写真の上部に見える壁灯のシェードも自らの作品で、室内に柔らかな光を投げかけている。義弟の写真をひと通り鑑賞し、コーヒーを頂きながら店主や来店者を交えてしばし雑談をする。

写真展-2.jpg以前のブログにも書いたことがあるのだが、この古潭は、もう10年ほど前に亡くなられた今中さんが20数年前に建築した喫茶店である。今中さんはもともと紳士服の仕立ての仕事をしていた人だが、途中からバーテンダーを育成したり、骨董を扱ったりしながら、建築もするというユニークな人だった。太田川の上流に「休日の家」を造り、宿泊施設やレストラン・喫茶なども経営していた。今中さんの造る家は木と漆喰の家で、年月を経てもその趣を変えていない。同じ安佐南区にある「喫茶 赤い屋根」も今中さんの作品だそうだ。広島には今中さんの手がけた喫茶やバーが結構ある。奥様も6年ほど前に亡くなられたと聞いた。
この「休日の家」も数年前の大水で流され、今は石組みの土台を残すのみだとnetで見た。何回となく訪れた休日の家と古い知人の今中さんに思いを馳せながらコーヒーを味わった。

写真展-3.jpg昼過ぎになったので、古潭から車で数分走ったところにある喫茶ボギーで昼食を摂る。日替わり定食は、松花堂弁当だったがとても美味しかった。



今は見ることのできない「休日の家」もネット上では見ることができる。
posted by tontonton at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 高陽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。