2012年04月25日

豊栄のシバザクラ祭り

芝桜-1.jpg
先週の火曜日に通った時は、「シバザクラ祭り」ののぼり旗がたくさん立てられていたが、シバザクラは2〜3分咲きだった。昨日はのぼりは殆どが撤去されていたが、車中から見るとシバザクラがとてもきれいだ。
パソコンの講習が終わって、改めて4時近くに「シバザクラの里」に行く。今が満開で絶好の見頃である。
テントには数名の係員がいる。聞いてみると、シバザクラ祭りは22日だったのでのぼり旗は撤去したとのこと。4時を過ぎても結構の人たちが訪れていた。
芝桜-3.jpg芝桜-2.jpg係りの人たちはシバザクラの苗を販売しているようなので、価格を尋ね、気に入った5種類の苗を3本ずつ買う。説明を聞いているとこの里には27種類のシバザクラが植えられているとのこと。苗を用意する間、上の方に27種類のシバザクラがあるから行ってみるとよい、と言われ、美しい景色にカメラを向けシャッターを切りながらその場所に行く。確かに表示板には1番から27番まであったが、どの様に違うのかは分からなかった。
テントに帰るとシバザクラの苗が用意されていた。苗の他にプランターに植わったものも買った。苗は持ち帰ってプランターに植えて育てることした。

育て方の説明プリントには、シバザクラはたくさんの花は咲かせるが種は採れないから、挿し芽で増やす、と書いてある。また、その中に、田んぼなどの法面で育てると景観の美化だけではなく、草刈りをしなくてよく、カメムシの被害も少なくなるから良質米ができるとも。この美観地区は来場者を喜ばせるだけではなく、農家にとっても魅力あるものになっていると知らされる。
posted by tontonton at 22:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 豊栄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

穀雨と白木農園

満開の紅まんさく

今日は、「雨が降って百穀を潤す」穀雨である。草木は甘雨に煙り、この時節のお湿りは生きとし生けるものに精気を満たしてくれる。
予報は雨の確率が高かったが、まだ雨は降っていない。しかし、週末は雨のようだ。明日予定されていた白木農園のサトイモの植え付けも25日に延期になった。今年に入って白木農園の作業予定日は雨で変更になることが多く、麦踏みも数回の予定変更の末、できなかった。晴れてくれることを祈ろう。




中農さんのブログを見ると19日の夕方から雨になるというので、「慌ててジャガイモの芽かき、追肥、土寄せをした」とあった。中農さんらしく丁寧な芽かきの様子がうかがえる。中農さんの数日前のブログに「野菜と話をしながら…」とあった。ジャガイモにはなんと話しかけたか聞いてみたい。

寂しかったパソコン同好会

昨夜は白木農園のパソコン同好会の日だったが、体調が良くなかったり、都合が悪かったりで欠席が半分近くだった。
雑談を中心に2時間を過ごした。Windows8の発売のことやWindows7の買い得時期などが話題になった。このグループでは、まだスマートフォンを利用している人はいないが、それも話題に上った。
最近はパソコンの操作についてはあまり熱心にやっていないが、この会は集まって親しく会話することに意味をも持つようになってきた。仲間同志の情報交換やガス抜きに役立てばそれが一番だと思っている。
帰りには島爺さんが一日かけてもぎ取った夏みかんをたくさん持ってきてくださり、それを頂いた。出席者が少なかった分、一人当たり多目にいただいた。ありがとうございました。
posted by tontonton at 14:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 高陽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

我が家の桜も満開

豊栄2012.5.17-1.jpg
一週間前は、ほんの2〜3分咲きだった桜が今日は満開だった。やはり豊栄は広島市内よりは季節が一週間ほど遅い。しかし、2回桜を楽しめるのは嬉しいことだ。
今日の豊栄は昼前までは晴れて爽やかな陽気だった。

豊栄2012.5.17-2.jpg豊栄2012.5.17-3.jpg豊栄2012.5.17-4.jpg








桜の満開に合わせるように、ユキヤナギもレンギョウも見頃になっている。イングリッシュデージーの歩調が間に合わなかったのが少し残念。この季節がこの庭の一番魅力的な時期である。
posted by tontonton at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 豊栄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

「くるみきんつば」と「地粉うどん」

旬遊36.jpg旬遊の表紙の写真はwebより拝借
季刊誌「旬遊」は、上質の食・遊・暮らしを愉しむ大人のための情報誌である。創刊号から毎号購読しているが、美しい写真と丁寧な取材と編集・制作に毎号魅せられる。寄稿されている随筆なども格調が高く、落ち着きがある。また、お店などの紹介記事も読者に好感を持って受け止められるように細心の注意を払って取材され、美しい写真ときれいなレイアウトで掲載されている。

その今号(Vol:36)に「この店のこの一品」という特集が組まれていた。15店が紹介されていたが、その中の1店に家のすぐ近くにある「地粉うどん わだち草」の「くるみきんつば」が掲載されていた。この「くるみきんつば」は、岩手県産の自然農法小豆と無農薬のクルミ、砂糖は粗製糖と黒糖を使用し、小豆本来の美味しさを生かし、甘さ控えめのやさしい味に仕上がっている。
昨年の東北大震災での原発事故以来、この地域で生産された穀物は放射能の飛散が心配されているが、店主の原田さんが自身で独自の検査を行い安全性を確認して使用しているという。
作り方のこだわりについて旬遊の記事には次のように紹介されている。「一晩寝かせた中身の餡を切り分けて、一面ずつ生地を塗っては焼き、塗っては焼き…を繰り返す。仕込から完成まで2日。手間ひまを惜しまず作り上げた一品は、ボリュームはあるが重すぎず、あっさりし過ぎることもない。ひとえに素材の良さと絶妙な甘さ加減がなせる技だ。」

わだち草2.jpgきんつば.jpg写真はホームページから拝借
そんな記事の紹介もあり、久しぶりに今日の昼ご飯は、妻と二人でその「地粉うどん わだち草」に出かけた。わだち草のホームページには、実家の畑で小麦を栽培し、地元の旬野菜と無添加の調味料で作る「地粉うどん」と紹介されている。
それぞれ好みのうどんを注文し、ランチコースにした。ランチコースには小さなサラダとむすびとデザートが用意される。デザートは黒蜜小豆ヨーグルトだった。このデザートもとても美味しかった。
もちろん「くるみきんつば」をお土産に買って帰った。
posted by tontonton at 16:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 高陽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

わが町でも桜が満開

桜2012.jpg

昨日は猛烈に激しい雨が降ったが、桜はそれほど散らなかった。私の住んでいる住宅団地の遊歩道沿いに植えられた桜は今が満開である。花びらが春風に舞っていて、とても美しい。明日と明後日は雨の予報だから、今日が見納めかもしれない。
この桜並木は、移り住んだ頃に植えられたものだから、もう35年以上になるだろう。歩いて1分ほどのところに、このような美しい桜並木があることはとても幸せである。
桜が散るころになると、ご近所の方たちで毎日毎日、掃き掃除に追われるが、楽しんだ後だから、誰も文句を言う人がいない。私たち住人を毎年潤わせてくれるこの並木道は大切に守り続けたい。

久しぶりの料理教室

料理教室2012.4.11-1.jpg料理教室2012.4.11-2.jpg昨日は久しぶりに料理教室に参加できた。今月から使用する会場が変更になった。以前の会場を使用できなくなった時、存続できるのか危ぶんだが、白木農園の強い絆でまとまった。嬉しい限りである。
昨日の献立は「小松菜のツナの煮びたし」と「豚肉の和風ピカタ」。二品とも作り方が簡単な割にはとても美味しかった。これなら自分でも作れそうな気がする。ただ、我が家ではまだ実践できていない。
今回で35回になるこの料理洋室、長く続けたいものである。
posted by tontonton at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 高陽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

カタクリの花が満開

2012年カタクリ-4.jpg

豊栄に向かう白木街道もあちこちに春らしさが見えてきた。白木町の入口の桜は満開だったが、向原に近づくとまだ2〜3分咲きである。
少し時間があったので向原のカタクリの里の寄った。平日の午前中だがかなりの人たちが訪れていた。写真を撮ることを目的に来ている人たちも多く、斜面にへばりつくようにして撮影している人もいる。私のようなコンパクトカメラではなく本格的の一眼レフカメラで望遠レンズも装着している。
カタクリの花が一番美しく見えるのは、できるだけ花に近づき下から反りあがった形を撮ることだろう。さらに、より美しく撮るには淡い太陽の光も必要である。だが、今日はあいにく曇り空なので、カタクリの花の透き通るような美しい薄紫色ではない。それだけに苦労しているのだろう。カタクリの花の見頃は今週いっぱいのように思える。曇り空ではあったが、殆どの花が花びらを空に向けて思いっきり反らしていた。
2012年カタクリ-1.jpg2012年カタクリ-5.jpg2012年カタクリ-2.jpg








コースに沿って歩いているとカタクリ以外にも可愛らしい小さな花を見つけた。ひとつはイチリンソウだろう、もう一つは分からないが可憐な花である。
カタクリの花とともに小さな花から春をプレゼントされた爽やかな気分で豊栄に向かった。久しぶりにブログを更新した。
posted by tontonton at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 豊栄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。