2011年03月27日

お彼岸を過ぎても農作業が雪で中止に

昨日は今年2回目の白木農園の作業予定日だった。2月5日に麦踏みと防獣対策ネットの設置が行われて以来の作業となる予定だったが雪のため中止になった。今日も朝から曇ってとても寒い。彼岸も過ぎてのこの寒さは異常だ。2月は体調が悪く参加できなかったが、昨日は参加する予定にしていた。
24日の農業塾OB会、白木農園の役員会で総会にむけた資料を作ることを引き受けたが、翌日になってKさんが「少し手伝いましょう」と申し出てくださった。遠慮なく半分ほど手伝って頂くことにして、26日の作業日に昨年のデータをCDにコピーしてお渡しすることになっていた。
昨日の朝は7時前に目覚めたが、その頃は晴天で作業が中止になるなどとは思ってもみなかった。朝食を済ませ、作業着に着替えて出かける準備をしたが、その前にメールだけ見ておこうと思って開いてみると「本日の作業中止」とあった。
Kさんに渡す約束をしていたデータCDを郵便で送ろうと思い用意したが、Kさんから電話があり我が家まで取りに来て下さると仰る。本来なら私がお届けするのが本筋なのだが、ご厚意をそのままお受けした。おまけに島で取れた無農薬の八朔のお土産付きで来て下さった。
この後、Kさんは島に行かれるという。感謝の気持ちいっぱいで遠ざかるKさんを見送った。

posted by tontonton at 16:43 | TrackBack(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

蕎麦打ち研修会―十割蕎麦の打ち方

東北地方太平洋沖地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

生粉(きこ)蕎麦(十割蕎麦)打ちの研修

そば打ち3.11-1.jpgそば打ち3.11-3.jpg私たちが日頃食べる蕎麦は、2割のつなぎ(小麦粉)を加えた二八蕎麦が多い。仲間内で打つ場合ももちろん二八蕎麦だ。毎月1回の「蕎麦食べ歩き会」のこだわり蕎麦屋さんでは、時々十割蕎麦が食べられる。その十割蕎麦の打ち方をプロの方から教えて頂く研修会が昨日開催された。
以前、この会でも訪ねたことのある「結城庵」という広島の中心街にあるお店の店主・紺野勇治さんにお越しいただいて実施した。
毎月1回私たちを指導してくださる井上さん、岡村さんが主宰する「里山の自然を愛する会」の4つの蕎麦倶楽部から23名の会員が高陽公民館に集まった。午後2時から、まず、講師の紺野勇治さんに十割蕎麦の打ち方の実演をして頂く。
そば打ち3.11-4.jpgそば打ち3.11-5.jpg二八蕎麦は蕎麦粉とつなぎに対して50%の水で水回しを行うのだが、十割蕎麦の場合は蕎麦粉の6割のお湯と水で打つ。まず、蕎麦粉の量に対して30%の熱いお湯を入れ、まわしてゆく。このお湯がつなぎの役割をはたして粘りが出てくるのである。写真の様に手のひらでつぶすように擦りながら、ふんわり柔らかくなるまで行い、その後、水を加えながら水回しを丁寧にやってゆく。こねの時間はとても短いように思った。また、伸ばしも私たちが学んだ方法とかなり違っていた。豊栄の段位認定では、通用しないところが多いと感じた。でも、さすがにプロの捌きは凄いと誰もが思ったに違いない。
その後、豊平の有段者の5名が挑戦したが、先生の真似をしようと挑戦したが、上手くゆかなかった。

そばがfO1.jpgそばがfO2.jpg十割蕎麦打ちが終わって、蕎麦がきの作り方も教えてもらった。蕎麦がきの作り方にもいろいろあるようだが、私たちが教わったのは一番簡単な方法だと思った。まず、小さい鍋の中に蕎麦粉(100g)いれ、を200ccの水を用意し、半分くらい水を入れ良くかき混ぜる。すべての水を一度に入れるとダマになってきれいに混ざらないことが多いということだった。
良く混ぜたら、鍋を中火にかけ、焦げないように良くかき混ぜながら煮る。水分が飛んでしまうと最後はもの凄く重くなってくる。力の弱い女性にはきついかもしれない。
出来上がったら、どんぶりなどに用意した熱めのお湯に浮かせる。食べやすい大きさにスプーンなどを使っても良い。5名ずつのグループに分かれて作ったので、それをみんなで試食した。とても美味しかった。
自宅で蕎麦を打つのは準備や後片付けが面倒だが、蕎麦がきは鍋を洗うだけだから手軽にできる。蕎麦の栄養分も逃さないことから、この食べ方も良いと思った。

posted by tontonton at 16:19 | TrackBack(0) | 蕎麦食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

「もしドラ」がテレビのアニメで登場

もしドラ3.jpg昨年最も多く売れた本として一躍脚光を浴びた「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」はこれまでに230万部を突破したという。この本が書店の棚に並んだ時、熟年世代の者にとってはその表紙のデザインから購入を躊躇させた。だが、小説でありながらビジネス書の書棚に並べられている不思議さから興味を持ち購入した。

内容は、都立の高校の野球部の女子マネージャーが、ドラッカーのマネジメントを読みながら、弱小の都立高校の部員たちが努力して甲子園を目指し頑張る様子が描かれている。小説であるが、ドラッカーのマネジメントを理解する上で判りやすい。ドラッカーにはビジネス書の巨匠としてどうして堅いイメージがあるが、本書ではそれを女子高生のイメージを利用して払拭し、ドラッカーを身近な存在の様に印象づけることに成功している。非常にすばらしい思いつきだ。
この「もしドラ」が爆発的に売れた事によって引きずられるようにドラッカーの「マネジメント」(上田 惇生訳 )が70万分も売れたというから、このことがより以上に凄いと思う。

もしドラ.jpgそして、この「もしドラ」がテレビのアニメとして放送されることになった。それもNHK総合テレビでだ。午後10時55分からで、2週間にわたって10回シリーズで放送される。



放送日は以下の通りになっている。
第1話〜第5話が3月14日(月)15日(火)16日(水)17日(木)18日(金)。
第6話〜第10話が3月21日(月)22日(火)23日水)24日(木)24日(木)25日(金) 。
毎日この時間に観ることは骨が折れるので、録画して観てみたいと思っている。はたして、このアニメ、どのような層の人たちが観るのか興味がわいてくる。また、この「もしドラ」は映画化もされることになった。「もしドラ」の話題は今年ももう少し続きそうである。

posted by tontonton at 15:25 | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。