2010年11月14日

新鮮野菜市を開催

新鮮野菜市1.jpg白木農園パソコン同好会が会場として使用している公民館で、倉掛公民館まつりが13日、14日の2日間開催された。
一昨年は、オートシェイプで描いた絵を展示し、昨年はTシャツやハンカチなどの布に描いた作品をプリントして展示したが、今年は、違う形でこの地区の方たちと触れ合うことをテーマに「新鮮野菜市」を開催することにした。
この会の会員が自宅で栽培している野菜を提供してもらい、それを販売することで交流しようとする試みである。
今日だけの開催だが、準備には結構気を使った。野菜を出品してもらう交渉に加えて、販売するためのPOPやポスター、それに釣銭など、日頃慣れないことをするのは気苦労も多い。
会員が出品してくれる野菜は優れたものであることには自信は持てるものの、物を販売することなど初めての経験である。
用意した野菜やキノコは大根や白菜、ホウレン草、小松菜、春菊、カボチャやサツマイモ、キノコは椎茸とヒラタケ、唐辛子も2種類など、20品種、約380点になった。準備を進めている途中でも買いたいという方が来られたが、10時まで待って頂き、公民館の合図を待って販売を始めた。
市販価格より安い価格で釣銭のことも考え、200円と100円だけに設定していた。人気だったのは、大根、白菜、キャベツ、ホウレン草、春菊などで、あっという間に売り切れてしまった。ほとんどの野菜は売れたが、残った野菜は1時から半額セールですべて売りつくす。
多くの方の手を煩わした甲斐あって、この地域の方たちと笑顔で話しあえる機会が持てたのは嬉しかった。


新鮮野菜市3.jpg新鮮野菜市4.jpg
posted by tontonton at 22:36 | TrackBack(0) | 白木農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。