2010年05月29日

「八方美人」は「八方塞がり」から「八方破れ」に

5月29日、読売新聞「編集手帳」より
別離を宿命づけられた恋を顧みて、ヒロイン聡子が恋人・清顕に告げる。〈私たちの歩いている道は、道ではなくて桟橋ですから、どこかでそれが終って、海がはじまるのは仕方がございませんわ〉。三島由紀夫の『春の雪』である。
連立政権を組む政党はときに、恋人同士にもたとえられる。鳩山政権が歩いてきたのも桟橋だったろう。安全保障の考え方が違う者同士、行き止まりになるのは分かっていたはずである。
首相が社民党党首の福島瑞穂消費者相を罷免した。米軍普天間飛行場を「辺野古」に移す政府方針に従わないためである。
混乱の責任が、米国にも沖縄にも八方美人の愛想を振りまいた首相にあることは誰もが認めるだろう。それにしても、である。首相と福島氏はこれまで、米軍の抑止力や移設先の地政学的な条件について膝(ひざ)詰めで語り合ったことが一度でもあったか。桟橋を道に変えようとしたか。
〈君も罪の子 我も罪の子〉は与謝野晶子が詠んだ恋歌の下の句だが、ただ漫然と桟橋を歩き尽くした鳩山、福島両氏はともに「罪の子」に違いない。桟橋の端から望む政局の海は霧の中である。


米海兵隊普天間飛行場の移設問題は最後まで迷走を続けたあげく、昨日、政府方針が閣議決定された。臨時閣議に先立ち発表された日米共同声明とともに、移設先は名護市辺野古と明記された。  これは、首相が昨年の総選挙で掲げた「最低でも県外」という公約の破綻がはっきりしたことを意味する。首相の政治責任は限りなく重い。 首相は決着の条件として、米国政府、移設先の地元、連立与党のいずれの了解も得ると再三繰り返してきた。
編集手帳の中でも 「米国にも沖縄にも八方美人の愛想を振りまいた首相」とあるように、鳩山首相は八方美人になりすぎた。
「八方美人」に振る舞うと「八方塞がり」になり、やがて「八方破れ」になることはたくさん見てきた。
福島消費者相を罷免してまで政府が米国との合意を優先したのは当然のことだが、社民党との連立も含めて鳩山首相は「八方塞がり」になってしまった。沖縄県民の理解は全く得られていない今、「八方破れ」にならないことを願う。

posted by tontonton at 22:02 | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

台形に紡ぐ見事さ

編集手帳2010.5.20.jpg名文は声に出して読んだとき、呼吸が乱れないという。限られた文字数の中で想いを伝えるほど難しいことはない。新聞の一面を飾るコラムもその一つだろう。
読売新聞の「編集手帳」には毎回のように感心させられる。この編集手帳は数人の方が担当していると思うが、竹内政明さんが担当する日が多くみられる。この方の特徴は視覚的にすぐわかる。段落を示す黒い菱形が必ず四つあり、それがいつも台形になっていることだ。最初に逸話や歌、たとえ話などを挿入し、458文字に読む者を納得させ、唸らせる内容を見事に凝縮している。毎回この台形を維持するためにどれだけの推敲を重ねているのかと考えるだけで気が遠くなってしまう。
竹内政明さんは、この編集手帳を2001年7月から書き始めている。竹内さんの編集手帳は半年ごとに中央公論社から新書版で発売され、現在は第17集までになっている。
匂い立つ言葉、端々まで味わいながら読める文章にであえたときの喜びは格別である。

昨年の7月3日の編集手帳に唸った人もいた。麻生総理の引き際の悪さを書いた「モウイイ太郎」。これも見事。

http://blogs.dion.ne.jp/heisei07/archives/8533738.html
posted by tontonton at 15:06 | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

首相のおハコ

「大人の関係」「対等の関係」、鳩山首相は対米外交の基本姿勢について、この言葉を連発していた。ところが、最近ではあまり聞かなくなった。鳩山外交のブレーンの一人と称される日本総合研究所会長・寺島実郎は「対等な日米関係」が持論で、近書「世界を知る力」にも、この言葉が度々登場する。経済戦略には長けているであろうが、外交や安全保障のプロフェッショナルではない。ワシントンの知日派サークルでは危険人物視されている。
米軍普天間飛行場移設問題は、この「対等の関係」という基本姿勢と「鳩山政権は自民党と同じことはできない…」という二つの考えが方向を大きく誤らせたのではなかろうか。
この問題は度々アメリカからのサインが投げられていた。ゲーツ国防長官が来日するにあたってアメリカは、「代替施設をキャンプ・シュワブ沖で50メートル動かすなら容認する」との修正案を策定。匿名の「国防総省高官」が、日本メディアに発信して日本政府にメッセージを送る作戦をとった。最後の落とし所を事前に提示していたのだ。だが、鳩山首相も岡田外務大臣もこのサインを読み取ることができなかった。
この様子を察したゲーツ国防長官は、来日しての記者会見で「普天間移設がなければ海兵隊のグァム移転も、沖縄への土地返還もない」と公言し、非常手段に出た。それでも鳩山首相の反応は鈍かった。ゲーツ長官が帰国し、事態の深刻さをホワイトハウスに伝えると、オバマ大統領の「訪日中止論」が勢いを増したが、アメリカ政権内の複雑な政治ゲームにも助けられて訪日は実現した。僥倖だった。だが、鳩山首相はこの僥倖をいかせなかった。
来日したオバマ大統領の前では「バラク、バラク」と何度も呼びかけ、有名になった「トラスト・ミー(私を信じて)」との言葉も発してはしゃいでいる様子がテレビに映し出された。
さらに、昨年12月下旬にはクリントン国務長官が藤崎駐米大使を呼び出して「日米合意通りの実行が望ましい」とくぎを刺していた。藤崎駐米大使は、一時帰国して首相官邸で鳩山総理に米側の空気を報告したが、反応はまたしても鈍いものだった。
4月下旬、ルース駐日大使と岡田外相の面会の翌日、「オカダは現行案を大筋で受け入れる」。米ワシントン・ポスト紙が報じたその夜、「現行案が受け入れられる話は、あってはならない」と鳩山首相は自身で退路を断ってしまった。
「最低でも県外」を公約に衆議院選を勝利した鳩山政権は、その面目を保つためだけにこの問題にこだわり続けてきた。だが、今日の新聞一面で報じられたように、迷走した普天間移設問題は現行案に近い案に戻る見通しが強まった。沖縄県民が容認するとはとても思えない。

「最終的な結論は私が判断して決める」も鳩山首相のおハコのせりふの一つだが、政府対応の最終権限が首相にあるのは、あえて口に出して言うまでもない。「この私が決断する」と威厳を取り繕う首相は気の毒でもある。「ホントに?あなたが?」と疑わねばならない世間の心情はもっと惨めである。
「現行案にもどる。私が出した最終的な結論です」。首相の言葉が聞けるのだろうか。

posted by tontonton at 16:36 | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

開校30周年の熟年大学入学式

2010.5.15.jpg開校30周年を迎えた東広島熟年大学の入学式に出席した。早いもので今回で5回目になる。
今年新たに入学した講習生は307名、在校生を合わせると535名にもなるそうだ。今日の式典に出席した講習生は200名あまり、盛大な入学式になった。
東広島市の人口はおよそ18万2千人余りで、60歳以上の人口は4万7千人だが、これまでにこの熟年大学を卒業した人達は9千人を超えている。60歳以上の2割が受講しているということは凄いことだと思う。
30周年を迎えた記念にとA4版6ページのカラー印刷のリーフレットが配布された。その表紙を飾っていたのはリクリエーションダンス講座の二人の男女。その写真の傍には「熟大で 学ぶわれらは 今 青春」とのコピーが添えてある。今日の入学式にも出席していて紹介され、大きな拍手を浴びていた。
熟年であろうと学ぶ者にとっては今が青春だと言える。石原裕次郎さんの「わが人生に悔いはなし」の歌の中にも「生きてる限りは青春だ…」という歌詞が出てくる。人と人の交わりを通じて大いに青春を謳歌してもらいたい。

posted by tontonton at 16:34 | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

「抑止力」にすり替えた鳩山首相

昨日、平野官房長官が沖縄県の米軍普天間基地飛行場移設問題をめぐり、鹿児島県の徳之島を訪れ町議と会談した。
しかし、徳之島の3人の町長がいずれも反対している現状で、ここまで拗れた問題を議題のテーブルに上げるのは不可能に近く、5月末決着にむけての努力しているというパフォーマンスにしか見えない。
この問題は、昨年末、鳩山総理が「5月までに新しい移設先を含めて決定してまいりたい」と発言し、期限を区切ったことから大きく動いた。この日が12月25日でもあり、アメリカにとっての何よりのクリスマスプレゼントであったに違いない。期限を区切った交渉は、相手から足元を見られ、最後は譲歩を引き出される。外交に限らず、交渉ごとのイロハのイである。
しかも、移設先を決めるためには、アメリカだけでなく、地元の了解も取り付けなければならない。ただでさえ難易度の高い交渉にもかかわらず、自らの首を絞めてしまったのだ。
さらに、3月末の党首討論で谷垣自民党総裁から攻め立てられると「腹案を持ち合わせている」と明かしてしまった。その後、移設先に有力視された徳之島は「反対」一色に染まっていった。
こうして退路を断たれてしまった揚げ句、口にしたのが「抑止力」だった。
鳩山民主党は「国外移設、最低でも県外」という公約を掲げて選挙を戦い、沖縄の全選挙区で自民党議員の落選という勝利をなしとげた。沖縄の人たちは鳩山首相の言葉を信じて、一票を投じたに違いない。
ところが今回、鳩山首相は、国外どころか県外すら困難であるとして、米海兵隊の大部分を同じ沖縄の名護市辺野古周辺のキャンプ・シュワブへ、残りの一部を鹿児島県の徳之島へ移すと表明した。
5月4日の沖縄訪問時の記者とのやり取りの中で、「海兵隊の存在は、必ずしも抑止力として沖縄に存在しなければならない理由にはならないと思っていた。ただ、学べば学ぶにつけて、沖縄に存在している米軍全体の中での海兵隊の役割を考えた時、それがすべて連携している、その中で抑止力が維持できているという思いに至った」と語り、さらに、「認識が浅かったと言われれば、あるいはそのとおりかもしれません」とも言った。日本国民のすべてが耳を疑ったことだろう。官邸の情報収集能力が完全に欠如しているという宣言でもあり、国家のリーダーが自ら、国を統治できていないことを告白してしまったことにもなる。
崩壊してしまった官邸。参議院選では与党の過半数割れの予測も出始めている。
今日は「6月以降も引き続き交渉する」などと平野官房長官は語り始め、5月末決着が事実上不可能になったことも認めた。政局は大きく動くのだろうか

posted by tontonton at 15:29 | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

2年目に入った男の料理教室

料理教コ13.jpg今日は月に一度の料理教室。先月で丸1年が経過して、今日から2年目ということになる。
私たちの先生もこの1年を振り返って方針変えをしたようだ。これまでは、できるだけ多くの料理を教えようと、毎回3〜4品の献立を用意して熱心に取り組んで下さった。ところが、先生の手際の良さに感心しながら何とか出来ているという感じで、本当の意味で私たちの身についていないことを悟ったのだろう。今年度は、「皆さん今年は、ゆっくりと、あせらないで、ひとつずつ、あまり欲張らないでガンバツて行きたいと思います」の言葉から始まった。
今日の献立は、「アスパラの牛肉巻き焼き」と「たたききゅうり炒め」の2品に白いご飯の三角むすび。
アスパラやキュウリの新鮮な色を失わないで料理することを学んだ。この位だと良く理解でき、自分でも作れるような気がしてくる。こんな気持ちになれることが大切なのだろう。私たちに、まず、自分でやろうという気を起させる。さすがだと思った。
12回学んだことを家では全く実践していない。私自身も変わらなければ…、と思っている。

posted by tontonton at 23:14 | TrackBack(0) | 料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。