2007年03月30日

松の木に寄生する桜


sakura1.jpgポカポカ陽気に誘われて桜見物に出かけました。
2日ほど前に新聞で見た記事で興味がわいて、広島市南区北大河町の地蔵寺の不思議な桜の木を見に行きました。

この桜は、松の幹から枝を伸ばし話題を集めています。いくつかの偶然が重なったのでしょうが、松に「寄生」しています。私が訪れた今日は、少し盛りは過ぎていたようですが、松から枝を伸ばした桜の花を見ることが出来ました。

桜はソメイヨシノではなく、花と葉が一緒に出ていますし、山桜の一種だと思います。地蔵寺は黄金山の麓にあるお寺なので、黄金山から山桜の種が飛んできて、松ノ木の間の土が溜まったところに偶然種が落ちて成長したのでしょう。または、鳥が種を運んできたのかもしれません。鳥の仕業とすると、なんも洒落ていると思いませんか。それにしても珍しいですね。

sakura2.jpg桜の根元は松の幹
posted by tontonton at 15:29 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

ハナニラ(花韮)が満開です


hananira1.jpg我が家のプランターでハナニラの花が満開です。毎年この時期になると写真のような可愛い、美しい花を咲かせます。
葉は普通のニラと同じような形をしています。においも僅かですが同じようにあります。花は茎の先に一つだけつきます。たいていは白っぽくて若干青紫がかかっています。
ニラもハナニラも同じネギ科の植物ですが、ハナニラは属が違う改良品種だそうです。

普通のニラは栄養分が豊富で、ベータ・カロチンやビタミンA、C、ミネラルに富み、匂い成分のアリシンがビタミンB1と結合して、その吸収を良くし代謝機能を高めるといわれています。

細長くまっすぐに伸びた葉は柔らかく、汁の実やおひたしなどにも使い、また、中国料理、韓国料理には良く用いられ、レバーと炒めあわせた物(レバニラ炒め)や餃子の具、チヂミなどがおなじみですよね。

これは、「黄ニラ」といわれるものでしょうが、「ハナニラ」にはどんな栄養分があるのでしょうか。
花ニラは、春から晩秋にかけて絶え間なく立ってくるとうを収穫して食用とするそうですが、我が家ではもっぱら観賞用です。どのようにして食べるのが最も美味しいのでしょうか…。
posted by tontonton at 14:55 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

「世にも美しい数学入門」を読んで

この本は、新書ベストセラー「国家の品格」の著作で知られる数学者の藤原正彦さんと「博士の愛した数式」で本屋大賞を受賞した作家の小川洋子さんの対談集です。

小川さんは数学者を主人公にした小説を書こうと思い立ち、お茶の水女子大学の研究室に数学者の藤原正彦教授を訪ね取材しました。その時の模様を「まえがき」で次のように書いています。

私を迎える藤原先生の表情は紳士的な笑顔であった。研究室も想像を絶するようなところではなく、ごくありふれた部屋だった。先生はまるで詩を朗読するように、音楽を奏でるように、数学の美について語って下さった。数字の世界に隠された真理がいかに崇高な永遠を体現しているか、示して下さった。生まれて初めて私が接した数学者は、ユーモアにあふれるロマンティストであった。

学生時代あれほど苦手だった数学が、芸術や自然と同じように人に感動を与えるものであることを知り、私は驚いた。そして偉大な数の世界の前で頭を垂れ、叡知の限りを尽くしてそこに潜む真理を掘り起こそうとする、数学者の健気な姿に感動を覚えた。藤原先生との出会いのおかげで私は、数と言葉を融合させた小説は必ず成立するという確信を持つことができた。
こうして、小説「博士の愛した数式」が世に生まれました。

「博士の愛した数式」の中で、数学と登場人物を見事に融合させているのが「友愛数」です。
「220」の約数をすべてプラスすると「284」になり、「284」の約数をすべてプラスすると「220」になります。自分自身を除いた約数の合計が一致する、これが友愛数です。

家政婦さんの誕生日が2月20日(220)で、博士が大学で優秀な論文を書いてもらった学長賞の腕時計の裏に刻まれている番号が284という設定です。

220:1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284
284:1+2+4+71+142=220

220と248は友愛数の中で一番小さい組み合わせなのです。現在発見されている友愛数はまだ60数個だとか、そして、幾つあるのかも分かっていないそうです。

また、連続する奇数だけをプラスしてゆくと、どこでちょん切ってもある数の2乗になるという「美しい定理:四角数=奇数の和」も紹介されています。

1+3=4は、2の2乗
1+3+5+=9は、3の2乗
1+3+5+7=16は、4の2乗

さらに、連続する自然数の和を三角数という計算式を使って求めるなどの楽しい方法もでてきます。

この様に、この対談集は数学の持つ美しさや面白さ、不思議さについて語っています。数学の嫌いな人でも、読めば数学が好きになると思います。

学校での数学は、受験のための数学ですから、学ぶ事が面白くも楽しくもありません。子供たちにいかに興味を持って数学に臨ませるか、この本にはそのヒントがたくさんあります。

数学の真理は絶対的なものです。三角形の内角の和は180度で、これは1万年前も1万年後も変わりません。三角数も四角数も同様です。世の中の真実や真理は時代や価値観と共に移り変わってゆきます。絶対変わることのない真理があることを子供たちに教えてゆく事が大切なのだと考えます。

posted by tontonton at 15:14 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

ポケットベル、3月末で終了!

NTTドコモは3月末で、前身の曰本電信電話公社時代の1968年から続けてきたポケットベルのサービスを終了します。私もポケベルを数十年間使用したひとりです。
ポケベルの契約件数は最盛期の1990年代半ばに1000万件を超えていましたが、携帯電話やPHSの普及に押され、2007年1月の契約数は計約44万件まで激減していたようです。
このうちドコモの契約数は約14万件で、残りは通信会社のYOZAN(よ−ざん)と沖縄テレメッセージの2社です。ドコモのサービス終了後は首都圏と沖縄で2社がサービスを続けるそうです。

ポケベルが急速に浸透したのは1987年ごろからです。液晶画面に電話番号を表示する機種が登場し、数字の配列でメッセージを送る「遊び」を若者が編み出したことがきっかけになりました。語呂合わせは「0840(オハヨウ)」など多数あり、グループ内でのみ通用する「暗号」のような使われ方も出て、「ベル友」の流行語が生まれたのを記憶している方も多いことでしょう。あれからもう20年も経ったのですね。

主な数字のメッセージにはこんなものがありました。覚えていますか?

0840……おはよう
724106…何してる?
49………至急
889……早く
0906……遅れる
14106……愛してる
3470……さよなら

契約数は1996年6月に1077万件とピークを迎え、当時は「移動体通信の主流はポケベルになる」(大手電機)とまで言われました。
しかし、90年代半ば以降に携帯電話とPHSが普及を始めると、ポケベルの勢いは失速します。ポケベルは受信専用のうえ、電話機からメッセージを送信するには、1回あたり10円程度の通話料がかかりました。携帯電話やPHSのメールは文字でメッセージが伝わるうえ、データ通信のため費用が安いことからこれにとって代わりました。

ポケットベルのサービスが終了するのは、少し寂しい気もしますが、時代なのですね…!!

posted by tontonton at 17:39 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

ピンク色も鮮やかなサクラソウ


sakurasou.jpgお隣のKさんの玄関先にサクラソウが見事に咲いていました。透き通るようなピンク色が春の日に輝いてとてもきれいです。おもわず写真に撮りたくなるような可愛らしく美しい花です。サクラソウの名は、花の色、花の形が桜の花に似ているところから付けられたようですが、その花時も桜の花時に近いですね。広島での桜の開花は一昨日でした。

サクラソウはわが国各地に野生地がありますが、中でも有名でだったのが浮間ヶ原のサクラソウです。昔は、荒川流域の広大な河川敷一面に 春の訪れとともにサクラソウの花が咲き乱れたといいます。それは、緋の絨椴を敷きつめたように綺麗だったといいます。

浮間ヶ原に大群落が出来た理由は、人間との深い係わりがありました。この一帯は葦の群生地で 近在の農家の人達が冬の農閑期を利用して刈り取り、葦簾(よしず)を作り副業としていたのです。刈り取られると河川敷一面に陽光が降りそそぎます。元々この地に野生していたサクラソウは、春の陽をいつぱいに受けて咲き、花が終り葦の芽が伸びだすと、やがて葦の葉陰にかくれて全くの日陰となってしまい、夏の炎熱と乾きから身を守ってくれます。6月の梅雨時と9月の長雨時には荒川が増水し、溢れた水が葦原に流れ込んできます。この時、河水に混じる肥えた土砂は、葦の株元に沈澱し、サクラソウの株元を埋めてゆきます。この中へ新しい地下茎が伸びて、たっぷりと栄養を吸収して株がふとる、ということなのです。この2つの理由によって大群生地が出来たのだと云われています。

もし葦簾作りをしをかったらこれほどは繁栄しなかったことでしょう。ところが、現在では、浮間ヶ原一帯には一株のサクラソウも野生していません。開発で失われた一面もありますが、大正の大震災後、急速に失われてしまいました。震災で失われた家屋再建の為、壁土の需要が激増し、壁土として良質の浮間ヶ原の士が大量に掘り取られ、それとともにサクラソウが激減してしまったのです。哀れ、サクラソウは壁土と化したということになります。

人の手によって繁栄し、人の手によって絶えてしまったサクラソウ、考えてみれば気の毒な植物といえますね。浮間のサクラソウはなくなってしまいましたが、幸いなことに、その上流の田島が原には野生地が残っていて、天然記念物として保護されているそうです。一度、見に行きたいと思っています。

posted by tontonton at 12:48 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

100回目のパソコン講習会

農業塾OB会・白木農園・パソコン同好会が、昨夜いつものように開催されました。2004年5月に始まったパソコン同好会は、昨日の同好会が丁度100回目でした。月2〜3回のペースで、木曜日に開催し、間もなく丸3年を迎えます。
現在の会員は15名です。途中で体調の都合で参加できなくなった人もいますが、その後新たな参加者もあり、開催時に比べてもほぼ同人数で来ています。
「継続は力なり」といいますが、同じメンバーでこれほど長く続いているパソコンの講習会もそんなに多くはないと思います。

会員の皆さん、とても熱心で積極的です。
講習するテーマが決まっていても、質問・疑問があれば、そちらを優先します。「いつまでに何をしなければいけない」という制約がありません。この会のモットーは、のんびり、ゆっくり、楽しくです。
会員は熟年の方々ばかりですが、皆さんとても若く、その年齢を感じません。いろいろな事に挑戦しようとする気持がそうさせているのだと思います。

ところが、学んだ事をすべて新しい記憶として頭の中に残っているかというと、少し問題もあります。しかし、私たちのような年代になると「忘れる事は当たり前」と認識して、何度でも同じことを繰り返し聞く事を「善し」としています。

毎回2時間の講習を100回講習したわけですから、その積み重ねは決して無駄にはなっていません。この会のお一人お一人は、それぞれ自分の講習を持てるほどの知識を身につけておられます。

この会がいつまで続くか分かりませんが、出来るだけ長い記録を作りたいと思っています。

posted by tontonton at 17:16 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

ジャガイモの植え付をしました


jyagaimo3.21.jpg昨日、白木農園に行きジャガイモの植え付けをしました。日記を見てみると昨年は3月26日に植えていますから、今年は5日ほど早かったことになります。
途中で寄り道をしていたので、白木農園に着いたのは11時ころでした。白木農園ではお仲間のMさんとKさんにお会いしました。お二方ともすでに植え付けの作業を終了し、お帰りになるところでした。

今年は豊栄の知人から「安芸津のジャガイモの種芋」を頂き、それを加えると5キロ近くを植えつけました。耕耘の後に残っている草などを丁寧に取り除きながら植えつけたので、結構時間がかかりました。しかし、昨日は天気も良く絶好の農作業日和で、楽しく作業ができました。

植えつけた種類は、シンシアを2キロ、男爵を2キロ、それに安芸津のジャガイモ(出島)が約1キロと欲張っています。昨年は4キロ植えつけましたが、収穫の時期に長雨に遭い、半分以上が腐ってしまいました。
今年は昨年の反省から、白木農園の先輩諸氏の指導を受けながら立派なジャガイモがたくさん取れるように頑張ってみたいと思っています。
収穫の時期が楽しみです。
posted by tontonton at 14:06 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

塚谷裕一さんの「植物のこころ」を読んで

塚谷裕一さんの「植物のこころ」は、随分前に購入していたのですが、なかなか読む機会がなく、長い間本棚に置き忘れていました。3日ほど前に他の書籍を探していて、この本が目にとまりました。読み始めてみるととても面白く、引き込まれてゆきました。

塚谷さんは、この書の「まえがき」で次のように書いています。
「ペットのような動物は、その振舞が一つ一つ人間のそれになぞらえやすいせいか、わりあいよく理解されているようだ。が、植物となるとどうもとっつきにくいらしい。「生きている」ということが実感されていないことすらある。動物は生を終えると死んでしまうものだが、植物は「枯れる」といって別の言葉を使うように、両者の生は別物と捉えられているのだろう。それは第一に、動いたり声を出したりしないからに違いない。」…と。

この本を読み進めてゆくと、私たちはいかに植物ことを理解していないか、思い知らされます。
植物は、1か所に固定して生活する型の生物です。(普通はそんな風には考えない人が殆どでしょうが…)そのため、生活する環境に体の方を合わせないといけません。もし、生まれる前から体の形が決まっていると、生えてきた場所とうまく合わない可能性があります。植物はそこで、まずいったん生えてきてみてから、様子を見つつ、その場所の環境に合わせて体の形を決めることにしたのです。そのためには、いつでも融通のきくよう、体の一部を常に胚と同じにしておくのが適切だった。と、説明しています。植物はなんと融通無碍(むげ)な生き方でしょう。感動すら覚えます。

パスカルの著書「パンセ」に「人間は考える葦である」という有名な言葉があります。
「葦」は人間と違って、考えることをしませんし、感情も持っていません。けれどもその感覚は鋭く、生活のプログラムは精妙に組まれています。クローンで増える能力さえあります。その様な植物たちの知られざる生の営みをつぶさに紹介しています。

パスカルのこの言葉は、「人間は自然の中では小さな弱い生き物にすぎないが、考えることによって宇宙を超えることができる。人間の尊厳のすべては、考えることのなかにある。」との解釈でしょうが、真の意味での考える事を止めてしまっているに等しい現代人たちへの植物からの警告書といえるかもしれません。
posted by tontonton at 18:20 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

彼岸と此岸

昨日、彼岸に入りでしたが、まだ少し肌寒い陽気でした。昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、今年に限っては、この言葉は当てはまらないように思えます。彼岸の中日まではあと2日ありますが、すぐに暖かくなる様に思えません。

お彼岸は、春と秋の2回ありますが、暖かい陽気を心待ちにしているからでしょうか、春のお彼岸のほうが、親しみを覚えます。
「春のお彼岸」は、3月の春分の日をはさんで、前後約3日ずつの一週間ですね。春分の日は昼夜の長さが同じで太陽が真西に沈むため、仏教で西方遥かかなたにあるといわれる極楽浄土にちなんで この日に仏事をするようになったそうです。
「彼岸」とは仏教用語で「向こう岸と」いう意味で 、一切の悩みを捨て去って悟りの境地に達することをいうそうです。ちなみに、「こちらの岸」私たちの住む現世が「此岸(しがん)」ですね。

この仏教思想に、日本古来の祖先信仰が合わさって、お彼岸行事が生まれたそうですが、この期間中、お寺では彼岸会(ひがんえ)という法要が行われます。また、祖先の墓参りをし、だんごやぼた餅を作って仏前に供えます。スーパーマーケットには、この時期おはぎがたくさん出ていますね。
posted by tontonton at 21:23 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

熟年大学の卒業式に出席して


jyukunen3.17.jpg東広島天文台の「かなた望遠鏡」

今日3月17日は、東広島市熟年大学の卒業式が東広島市総合福祉センターで行われ出席しました。
卒業生、在校生、来賓、講師を含めて、約200名くらいの参加者でしたでしょうか。
開会、卒業証書・終了記念品授与、式辞、来賓挨拶、卒業生謝辞、そして閉会に…、卒業式に参列したのは何年ぶりのことでしょうか。60歳を超えた熟年ばかりですが、参加した人たちの生き生きとした表情が印象的でした。

卒業式が終わった後に、記念講演があり、それに出席しました。
「採れたて宇宙と東広島天文台」という演題で、講師は広島大学宇宙科学センター・助手・植村 誠さん。
約90分の講演でしたが、とても面白く興味深い内容でした。

宇宙をプロジェクタで映し出す様子は、平面のプラネタリュームです。光の速さで飛行する探査衛星に乗った気分で、銀河系の外にまで瞬時に移動してゆきます。地球を出発し、太陽系を抜け銀河系の外に、そして、地球から100万光年以上先まで行くのです。そこは、想像の世界ですが、そう思い込んでみれば納得の世界です。

後半は東広島天文台の研究の内容についての説明でした。東広島天文台の「かなた望遠鏡」は反射望遠鏡で、光を反射させる鏡は、直径1.5メートルとそんなに大きくありませんが、小さいながら大きな活躍をしているようです。 「ガンマ線バースト」といわれる研究では、世界の中でもトップクラスの成果を上げているとの説明がありました。私たちが全く知らない世界の研究、宇宙を知る事は、地球の誕生の謎に迫ることになるのでしょう。どんな思いで研究に取り組んでいるのでしょうね。
東広島市で、世界をリードする研究が行われている事をたいへん誇りに思いました。
posted by tontonton at 15:18 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。